くるっと日和

Just another WordPress site

こどもの日のナゼ?を子供に説明したい。

      2017/05/12

スポンサードリンク

先日、こつぶの定期通院があり、車ででかけたのです。

その途中の道沿いに大きな2階建ての家のベランダから小さな鯉のぼりが何匹も(@o@)。まるで鯉のぼりのカーテンのように華やかです。

鯉のぼりといえば大きな柱を立てて飾るイメージしかなかったので、「へえ、こんな飾り方もあるんだ。」と感心してしまいました。

スポンサードリンク

こどもの日には、すっかりお馴染みの鯉のぼりですが、どうして魚が空を泳いでいるのか、不思議に思いませんか?

「こどもの日にこいのぼりをあげるのはなんでなの?」とお子さんに質問された時に、

「えーっと」となるより「実はね!」と説明できたら親としてちょっと鼻高ですよね。

簡単ですがグレイスがお勤めしていた時に、児童にお話ししたことがある「こいのぼり」昔話風子供向け説明を紹介します。

由来としては完全ではありませんが、子供向けということで、ご了承ください。

なぜ、こどもの日には、こいのぼりでお祝いするの?のおはなし

むかしむかし、ちょんまげ武士がいた時代のおはなし。

国を治める一番偉い将軍に男の子が産まれました。

「なんとめでたい!跡継ぎの誕生じゃ!」とみなが喜びました。

「元気にそだつかのぉ〜、心配じゃ」

「では、厄払いをして、鬼を払いましょう。」

むかしむかしは病気になるのは悪い鬼の仕業だと考えられていたので、鬼がやってこないように、子供の無病息災(むびょうそくさい)を祈って、厄払いをするようになりました。それが端午の節句(たんごのせっく)、こどもの日です。

そのこどもの日には、将軍ののぼりをたくさん立てて「元気に育ちますように」と端午の節句のお祝いをしていました。

次第に、将軍に男の子が産まれると端午の節句に「のぼり」を上げることがお祝いとなっていきました。

すると、将軍に仕えていた武士の間でも男の子が産まれると、のぼりを上げて子供の無病息災(むびょうそくさい)を祈って、お祝いをしするようになりました。

こどもの日にのぼりがあがると「ここのお屋敷に男の子がうまれた(いる)から、お祝いしている」という目印になり、みんなにも見てわかるようになりました。

更に時が経つと、この風習が庶民に広がっていきました。

その中で、庶民の中でも経済力がある人たちが、

「うちの息子にも武士に負けないように立派なお祝いをしよう!」と考えだしたのが

立身出世(りっしんしゅっせ)として伝えられていた中国の「鯉の滝登り」。

これをヒントに、のぼりに鯉をえがき、端午の節句をお祝いした。というのが、こいのぼりの最初と言われています。

こいのぼりには、「健康で元気に成長して欲しい。」という願いが込められているのです。

昔も今も、親が子供の健康や将来を心配するのは一緒ですね。

こんな感じでお話ししてみてはいかがでしょう?

グレイスはお勤めしていた学校の授業で、紙芝居にしてお話ししました。うーーん、懐かしいです。おはなしのじかん(^.^)毎回、簡単に創作しなおすの苦労したな〜。

子供に向けて説明するポイントは3つ
・男の子が産まれた(いる)目印 ・元気に育って欲しいという願いが込められている ・鯉が滝をのぼって立派な竜に成長したお話があること

こどもの日の由来には「端午の節句」「兜」「柏餅」などの細かな由来も、諸説もたくさんありますが、ここでは子供に分りやすいように説明しやすい、「こいのぼり」を紹介しました。年齢に合わせて伝える情報量や言葉を調整してあげてください。

まとめ

住宅事情や管理の手間などがあり、今では大きなこいのぼりをあげる家も少なくなり、コンパクトなこいのぼりをあげている家も多くなりましたが、子を思う気持ちは大きさに関係はありませんね。

「こどもの日」を調べていて知ったのですが、ちょっと前までは男の子だけでなく女の子も、そして育てている母も一緒にお祝いしていたんだそうです。お祝いは時代によって変化していくのですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 教養・雑学・マナー ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花火大会で浴衣デート 男の子が気をつけることは?

スポンサードリンク 夏は行楽やイベントがたくさんあり、その中でも花火大会は 特に …

no image
iPhone容量ダイエット!iPhoneの写真を一括削除する方法

スポンサードリンク 写真の撮り過ぎや音楽やアプリの入れ過ぎで、iPhone容量が …

誕生日には花束を 12ヶ月の誕生花は?花言葉は?

スポンサードリンク 1月〜12月までの12ヶ月間それぞれに誕生石があるのは有名で …

厄年って?厄払いはした方がいい?正月以外は?

スポンサードリンク 古来日本に根付いてきた風習の厄年ですが、 病気やケガ、仕事で …

風水 玄関で運気UP 方位とラッキーカラーは?置くと良いものは?

スポンサードリンク 年末になると「来年はいい年になるといいな」と誰もが思いますよ …

お盆 お盆玉とは?相場は?いつあげる?

スポンサードリンク お盆玉。聞いたことありますか? え?お年玉じゃないの?と思い …

英語で日本の正月を説明するポイントは?おせち料理編

スポンサードリンク 海外から日本へ旅行にやってきた方々は、実によく日本の事をネッ …

共同通信って何?時事通信とは違うの?各国の主な通信社は?

スポンサードリンク 良くニュースやワイドショーを見ていると耳にするのは 「共同通 …

土鍋 新品おろし方は?使用後の手入れは?NGなことは?

スポンサードリンク 寒い季節になりました。 そんな日の夕食は鍋料理に限りますよね …

写真だけの結婚式 準備は?指輪は必要?親族への連絡は?

スポンサードリンク 近年では、入籍だけのカップルも増え、写真だけを記念に撮る 写 …