くるっと日和

Just another WordPress site

栗が最も甘くなる時とは?おいしくする方法は?簡単レシピつき

      2017/05/12

生の栗が手に入って、さぁすぐにいただこう!と煮てみたら・・・
甘くなーい!おいしくなーーーい!って経験ありませんか?
実は栗には果物のように「食べごろ」っていうのがあるのです。
ちょっとしたひと手間で、おいし〜い栗に変身させることができますよ。
今回は、栗を甘くする方法と簡単な栗レシピをご紹介します。

スポンサードリンク

栗が最も甘くなる時とは?

栗は収穫したままだと、まだ旬になっていない事がほどんどです。
栗が甘くなる為には、栗に含まれるアミラーゼを増やしてあげる必要があるのです。

これは、栗が冬の間に、糖を作るために必要なアミラーゼを増やし、
春の発芽に備える性質を利用したものです。
冷蔵庫によって、栗に冬だと勘違いさせて、
大量のアミラーゼを作らせ、このアミラーゼがでんぷんを糖に変えるのです。
時間が経つ程に、どんどん甘くなっていきます。

低温貯蔵(0度)をすると少しずつ糖度を増していき、
4~6週間程度経過したところで、もとの3倍程度の糖度になります。
その後、少しずつ糖度が下がり始めます。
糖度が最も高い状態で冷凍(マイナス25度以下)保存すると
その状態を保つことができます。

なので
上記を利用して、栗を甘く変身させましょう!

まずは、下準備をしてから
1.栗の選別をする
選別するには、濃度3%の塩水に栗を入れます。
そして、沈んだものが甘い栗になる可能性が高いものです。
浮くか沈むかの違いは、栗に含まれるでんぷんの量にあります。
でんぷんはアミラーゼという酵素によって糖に変わるため、
「でんぷんが多い」=「甘い」ということになります。

2.冷蔵庫で保管
冷蔵庫のチルド室で数日保存します。

前述しましたが

0度で保存すると、栗の糖分は、3日で2倍、30日で約4倍に増えます。

甘くしたいだけチルド室にいれておきましょう。
最低でも3日置くと、その違いがわかるのではないでしょうか?

冷蔵庫のチルド室でなくても、お米などを入れておく保冷庫の中に1ヶ月入れておいても同じ効果が得られます。
今年は、野菜室の一番奥で試す予定ですので、結果が出たら、記事に追加していきますね(^^)

3.土鍋でじっくり加熱する
土鍋に蒸し皿を敷き、水(栗1kgに対して水1リットル)を入れます。
加熱して土鍋から湯気がでてきたら、栗を入れ、
ふたをして1分加熱したら火を止め、10分蒸らします。

スポンサードリンク

栗に含まれるでんぷんを糖に変えるために必要な酵素アミラーゼは、
40~70℃の温度帯で活性化されます。

熱が伝わりにくい土鍋で調理することで、
この甘くなる温度帯(40~70度)をゆっくり時間をかけて
通過するために、アミラーゼが活性化し、より糖度がアップします。

簡単レシピ

【栗のパリパリ焼き】
渋皮ごと炒めて、香ばしいパリパリな栗を楽しむ食べ方です。

1、鬼皮をむいておきます。
2、熱湯で栗を2分ほどゆでます。
3、フライパンに油をひいて、渋皮の色が変わるまで炒めます。
4、油はねを防ぐために、炒める前に渋皮に包丁で切り込みを入れるのがポイントです。

渋皮には、抗酸化作用を持つポリフェノールが含まれるので、健康効果にも期待ができます。

【栗きんとん(栗の茶きん絞り)】
フードプロセッサーを使うので裏ごしの手間なし簡単レシピです。
美味しくて喜ばれる一品です。
~材料~
・生栗・・・・適量
・砂糖・・・・栗の分量の10~20%
~作り方~
1、鍋に栗と水をいれ40分から50分茹でる(栗の大きさで多少時間を加減して下さい)。
  蒸してもいいです(時間は同じ)。
2、茹であがったら栗の皮を剥く。
3、2の栗の総量を量り、砂糖を10~20%用意します。甘さは好みで加減してください。
4、栗と砂糖をフープロにかけます。最初はポロポロとしていますが、まとまります。
5、このペーストの状態にして下さい。これで7の行程でも大丈夫です。
6、ちょっと固いかな?ぽろっとしてるかな?と思ったら、
  鍋にうつして、弱火にかけてヘラで丁度良い硬さまで練りあげます。
  水は加えなくても栗から少量水分が出るので、それで調整します。
7、あとは布巾やラップで絞って、出来上がりです。

ビニール袋の先を数ミリ切って、絞り袋にして、スポンジケーキに絞り出せば、モンブランになりますよ。

まとめ

いかがでしたか?
筆者もいろいろやってみましたが
今回ご紹介した方法が一番甘くなります。
細かい事が面倒!と思ったら
生の栗をもらったら、すぐにいただかずにまず冷蔵庫へ入れて2〜3日冷やす。
というのをやっておくと、それでも甘みが増すのでやってみてくださいね。

最後までおよみいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 食品・保管・レシピ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

焼かずに作るクリスマススイーツと簡単デコレーションアイデア

本格的にケーキを作るのは準備も作業も大変です。 市販のお菓子でクリスマススイーツ …

夏バテ防止 我が家の簡単レモネードの作り方 

暑い夏。お子さんがいるママが心配なのは、熱中症や夏バテですよね。 そこで、今回は …

菜の花 栄養は?保存方法は?オススメレシピは?

まだ肌寒い2月頃から徐々に黄色い鮮やかな花を咲かせる菜の花。 もうすぐ春なんだな …

クリスマス残ったケーキ 保存法は?賞味期間は?リメイクレシピは?

クリスマスケーキの残り。 そのまま出しても「えー残り物?」と言われそう。 すぐに …

お月見レシピ お団子以外のアイデアは?夕食なら?

お月見というのは日本人特有の風習だそうです。 すすきとお団子を飾って、月を愛でる …

恵方巻 2016年の方角は?由来とは?正しい食べ方は?

2016年2月3日の節分の日。 最近は豆まき以外に「恵方巻」を食べることも定着し …

コストコ ベーグルの日持ちは?冷凍・解凍方法は?アレンジレシピは?

コストコの商品って、どれも大量ですよね。 ベーグルは、コストコ上陸以来ずっと人気 …

アサリとハマグリの見分け方 美味しいアサリって?オススメレシピは?

潮干狩りって楽しいですよね。つい夢中になってしまいます。 さて、取った貝って、ど …

ローストチキンのキレイな切り分け方は?アレンジレシピは?

クリスマスやパーティーのメインディッシュとして盛り上がるのがローストチキン!! …

ふきのとう 栄養は?アク抜きは必要?保存は?レシピも紹介

まだ肌寒い時期、もうすぐ春だな〜と思う頃、 ふっと庭先をみるとこっそり出ているの …