くるっと日和

Just another WordPress site

お中元はいつ贈る?相手が喪中でも大丈夫?予算と選び方は?

      2017/05/12

お世話になったあの人への日頃の感謝の意を込めて贈るお中元。
お中元は慣習的な贈答品から、大切な人との絆をつなぐものとしても使われるようになりました。
ところで喪中はがきが届いている方へはお中元はどうすればいいのでしょう?
お中元の贈る時期、予算や贈り物の選び方なども知っておきましょう。

スポンサードリンク

まずは、お中元について説明します。

紀元

実は本来の中元とは、お盆の日に先祖供養をするとともに、お世話になっている人々に贈答しあったのが起源です。
元は中国仏教の風習で三元(上元、中元、下元)の1つであること、日本に伝わってからは神道と習合して中元のみ残っています。盂蘭盆とも言います。

贈る期間

7月初めより中頃まで
以前は東日本は7月初めより中頃までの間と西日本は1ヶ月遅れの8月初めより中頃までの間を贈答時期としていましたが、現在ではいずれの地方も7月初めより中頃まで(土用の入り前までに)の期間内に贈ることが一般的になってきています。

 

お世話になった方から喪中はがきが届いていた

そんな時にはどうすればいいのでしょうか?
結論からいうと、「贈って良い」です。

御中元や御歳暮は御祝事には含まれません。
先にも書きましたが、お中元やお歳暮などはお世話になった方々への贈答の習慣です。
喪中であるからといって、禁忌ではないのです。

・何を贈ればよいのか?

喪中だからとお中元に御線香などの物は選んではいけません。
これこそ相手を更に悲しみに突き落とす事になります。
お線香と言うのは、どちらかと言うと仏前にお捧げする供物としての意味合いが強いです。

出来ればお線香は、回忌やお彼岸など仏事にからむ時に、お供物として贈るほうがよいでしょう。

添え状を付ける場合も、喪中である事を意味する言葉は入れるのはタブーです。
どうしても気になる場合は、事前にお断りを入れて先方の了解を得た上で、

時期をずらして暑中見舞い(土用の入り以降立秋まで)や残暑見舞い(立秋以降)の形で贈る方法もあります。

スポンサードリンク

 

お中元の相場
一般平均はお中元の平均的な相場については、
3,000円~5,000円が一番多い価格帯です。
大まかに分けた相場
▪ 10,000円:特にお世話になった人
▪ 5,000円:仲人や媒酌人、特にお世話になった上司、目上の人
▪ 3,000円:同僚、知人、友人、近所の方など

高めの価格帯を贈った相手には、
来年も同じ価格にしなければいけない訳ではありません。

贈り物の選び方

何を贈るかについては案外面倒で難しいもの、ついつい贈る側の好みによっていずれの先様にも同じようなものを贈ってしまうケースが多いようですが、贈り物は自らの心が相手に伝わり喜んで貰ってこそ本来の意味合いがあります。

賞味期限があるもので、足が速い物は避けましょう。
相手の食生活を無視したもの、例えばパン食ではないお家にジャムの詰め合わせやお茶党なのに果汁100%のジュースとか・・・ある程度賞味期限も長いし無難かと思われますが、いただいてもちょっと迷惑なかんじですよね。

相手方のライフスタイルが分らない場合は、本人の言動を良く見たり聞いたり、または知り合いにリサーチをしたりしてから贈りましょう。

お中元の相場
貰って嬉しいものランキング
1、商品券
2、日常生活でよく使うもの
3、賞味期限の長いもの

とあるお中元に関するアンケートによると上位3位は以上のとおり。

1位の商品券は何にでも使えますし、流用も効きます。しかし、金額がダイレクトですし、目上の方には贈りにくい気がします。2位のよく使うものは、油・洗剤・石鹸・入浴剤が定番ですね。何しろ毎日使う消耗品であり、倉庫に入れておいても腐りません。油や液体洗剤はスーパーで買うと重いので、贈ると奥様に喜ばれます。ただし、「体に体脂肪が付きにくい」「手に優しい」「泡立ちがよい」「厳選温泉○○の湯」など使いたくなるものをセレクトしてくださいね。

まとめ

お中元は、感謝の気持を伝えるものですので、
誰に贈らなければいけないと言うものではありません。
心を贈るということをお忘れなく。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

友人の結婚式を欠席 ご祝儀は必要?相場は?いつ渡すの?

友人の結婚式の招待を受けたけど、残念ながら都合が悪く欠席。 そんな時に悩むのがご …

甥・姪の引越し祝い 相場は?プレゼントなら?いつ渡す?

進学、就職、結婚などで親戚の甥・姪が引っ越し。 となると、新生活を応援する意味で …

新盆 服装は?香典の熨斗名や相場は?挨拶の仕方は?

身内が亡くなって初めて迎えるのが新盆(初盆)です。 新盆法要には、親族や故人と親 …

内祝いはいつまで?準備は?親や友人へ選び方のコツ

出産祝いのお礼に贈る「内祝い」は、センスのいいギフトを選びたい! 内祝いの準備は …

甥・姪への入学祝い 相場は?学齢別は?いつ渡す?

寒い季節、卒業シーズンが過ぎるとやってくるのが進学。 3月になると入学祝いを準備 …

お盆帰省夫の実家へ 手みやげは?相場は?選ぶポイントは?

初めて夫の実家へお盆帰省。夫は自分の家だからなんてことないけれど、お嫁さんの立場 …

結婚式 袱紗(ふくさ)がない!使わなくていい?代用品は?

結婚式のご祝儀を用意していてハッと気がつく。 「え?袱紗(ふくさ)ってどこにしま …

喪中はがき 妻の祖父母の場合は必要?送る範囲は?書き方は?

お嫁に出てしまったけど、大好きなおばあちゃんが亡くなった。 自分の実家でお葬式が …

喪中の年末年始の過ごし方 おせち料理は?初詣は?お年玉は?

家族に不幸があった場合、喪中なので年賀状を出さないというのは 一般常識になってい …

お彼岸 おはぎ?ぼたもち?その違いって何?いつ食べるの?

お彼岸には春と秋がありますね。 そのお彼岸といえば「炊いた餅米を丸くして餡にくる …