くるっと日和

Just another WordPress site

子供の扁桃腺と熱 対処は?市販薬は効く?通院は何科?

      2017/05/11

小学校の低学年ぐらいまでは扁桃腺が腫れて、よく高熱が出ます。
子供が高い熱を出して苦しんでいる状態を見ると、どうしたらいい?
と慌ててしまったり、どのぐらいで熱が引くのか心配になったりしますよね。
子供の扁桃腺と熱 対処は?市販薬は効く?通院は何科?をまとめました。

スポンサードリンク

子供の扁桃腺と熱 どれぐらいで下がる?

多くのお子さんでは3〜5日ぐらいです。
扁桃腺が腫れて熱が出た場合は、すぐに熱が引かないものだと思ってくださいね。

では、ここで扁桃炎が起きると、どのような症状が出るのかですが

ノドが痛くなり、食べたり飲んだりしにくくなる
発熱(特に38℃以上の高熱)
寒気や震え(悪寒戦慄)
体のだるさ(全身倦怠感)
頭痛
関節痛

等の症状が起きてしまいます。

子供の扁桃腺と熱 どうすればいい?

初めての時はとっても心配になってしまいますが、
お子さんが初めて扁桃腺で熱が出た場合は、
慌てずにお子さんの病状を観察(この場合、検温、喉の確認、その他の異常確認)して、
パジャマに着替えさせて布団に入れ、休養を取らせてください。
そして、通院の準備をしておきましょう。
水分を摂った方がいいですが、喉が痛いと飲み込めないので
その場合は、口の中に水を含ませるだけでも違います。

注意点が1つ
熱があるからといって、熱を下げるゼリー状のシートやぬれタオルを額にあてる
方がいますが、あれは無意味です。
一瞬は冷たくて気持ちいいのですが、人は額で体温調整をしているわけではありません。
高熱が続いて、体を冷やした方がいい場合は、脇の下や足の付け根の上に
凍らせた保冷剤をハンカチ等で巻いたものなどを入れましょう。

子供の扁桃腺  市販の薬で治る?

通院したいけど、土日で病院がお休みなどの理由ですぐに通院出来ない場合。
市販の薬で治るならそれを飲ませてなんとかならないか?
そう思いますよね。
例えば
「喉の痛み 熱などの風邪の諸症状に・・・」と書いてある市販の風邪薬がありますね。
それから喉の痛みに効果がある喉スプレー
あれは、初期症状や軽い炎症の場合、有効であるのですが
今回のように、喉の腫れ症状が悪化して、熱もある場合は、
市販の薬では治らないことがほとんどです。

スポンサードリンク

この症状は、急性扁桃線炎であり、できるだけ早く通院することオススメします。
それから、ウイルス感染が疑われるからです。
ウイルス性のしかも感染力の強い菌にかかっていた場合、
これらは市販の薬では治りません。
医師の診断によって処方される抗生物質が必要となります。
なお、抗生物質は、一般の薬局では処方箋なしに手に入れる事ができません。

子供の扁桃腺 通院は何科??

扁桃腺が腫れた場合、受診するのは何科がいいのでしょう。

基本的に小児科や内科で大丈夫です。
かかりつけのお医者さんがあるなら、そこが安心ですね。
ない場合は、早々にかかりつけを作っておくと既往症が
カルテに残るので安心ですよ。

しかし、
もしも近所に耳鼻科があるなら、筆者的には耳鼻科をオススメします。
なぜかというと、鼻と耳と喉はつながっているので、そのどこが1箇所が
病気になると他も悪くなっていることがあるのです。

扁桃腺が腫れた場合、リンパの腫れを引き起こすので、
それが原因で、中耳炎を併発することがります。
もし、耳の中まで炎症を起こしていた場合、
耳鼻科なら専門器具があり、耳中の消毒と耳垂れが出ていたらそれの掃除をしてくれます。
それからオブライザーが常駐してあるので、それをすると呼吸も楽になります。
当然、抗生物質もちゃんと出してくれますよ。
medical_nebulizer
筆者は、耳が痛い、のどが痛いなどの初期状況時には、いつも耳鼻科に行って
次の日には大体すっきりしてきます。

まとめ

扁桃腺が腫れて熱が出た場合、熱はすぐに引かないので
長期戦での対応を覚悟しておきましょう。
一度通院しても病状が改善しないとか
何も食べない飲めない状態が続くとか、熱が40度を超したとか
あまりにも症状がひどい場合は、再度夜間外来や救急外来など
時間外に受け付けてくれる病院へ通院することオススメします。
苦しんでいる自分の子供の様子を見るのは辛いですけど、
小さい時にはよく熱を出します。
慌てずしっかり看病してあげましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 子育て・教育 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

赤ちゃんの読み聞かせ いつから始める?選び方は?オススメの本は?

赤ちゃんや幼児がいるママさん。 お子さんに読み聞かせしてあげていますか? 小さい …

お食い初め 石はどこで手に入る?何個用意する?終わったら?

赤ちゃん誕生から100日頃に行う「お食い初め」。 お食い初めでは「歯が丈夫に育ち …

赤ちゃん 冬の布団の掛け方は?パジャマの着せ方は?暖房は?

赤ちゃんって、寝返りはまだでもちょっと動けるようになると 布団を蹴ってしまいます …

運動会のお弁当 簡単だけど豪華に見えるおかずは?

運動会、どこのご家庭も気合が入っているだろうし、我が家もできるだけ豪華なお弁当を …

保育園と幼稚園と認定こども園の違いって?

実は知らないこの違い。 今回は、子どもを「園」に預ける際に覚えておきたい 保育園 …

桃の節句とは?縁起のいい食べ物は?献立アイデアは?

3月の行事と言えば、「ひなまつり」ですね。 さて、この「ひなまつり」ですが、「桃 …

花火大会  赤ちゃんは大丈夫?音の影響は?行くなら何歳から?

ベビーカーでお出かけが出来るようになってきた赤ちゃん。 初めての夏。いろいろなと …

赤ちゃんと旅行いつからOK?移動手段は?持ち物は?

妊娠、出産、そして子育て。 赤ちゃん中心の生活をしていると、いろいろ制限も多く、 …

赤ちゃんが泣き止まない 使えるワザはコレ!

いつ、どこで泣き出すかわからない赤ちゃん。 公共の場所では、人の目も気になり、「 …

幼稚園のお弁当 年少の量は?中身の割合は?小食の場合は?

幼稚園にこれから通う場合「毎日お弁当持ち」という子もいらっしゃると思います。 年 …