くるっと日和

Just another WordPress site

幼稚園 水筒の選び方 大きさ、容量、タイプは?年少さんなら?

      2017/05/11

スポンサードリンク

幼稚園や保育園で子供達が持って行く物と言えば
お弁当やリュックの準備もありますが、水筒も選ばなくてはいけません。
今回は、幼稚園 水筒の選び方は?大きさ、容量、タイプは?をまとめました。

スポンサードリンク

幼稚園 水筒の選び方は?

どんな水筒がオススメか?
子供が持てる重さの水筒を選ぶようにしましょう。
幼稚園では行動のすべてを(できるだけ)自分で行うことになります。
教室の移動の際にも持って歩くことがあります。
また、遠足に使うこともあります。
その時にあまりにも大きく重たいと自分で持って歩くことが困難になります。
なので、選ぶ際にはできるだけお子さんに持たせてみて
負担にならない大きさ、重さの物を選びましょう。

製品的にみると?

  • 重さ
  • プラスチック製 軽い
    ステンレス製  重い

    プラスチック製は、とにかく軽い。
    最近は100円均一ショップにも売っていますね。
    しかし、中身の温度調整ができないことが不便です。

    ステンレス製は保冷機能がついているので夏場は冷たさが
    冬場は温かさが保たれるのでいいのですが、その分重さがあります。

  • 大きさ(量)
  • スポーツをしていないなら500mlペットボトル1本分の水分量が入れば十分です。
    概ね子供用の水筒は400ml前後の物が多く販売されています。
    幼稚園の遠足に行く時にも使うなら600mlまで入れば尚よしです。

  • 飲み口タイプは?
  • 飲み口タイプには代表的な物が3つあります。
    直飲み
    ふたを開けると飲み口があって、そこに直に口をつけて飲むタイプ。

    ストロー
    ワンタッチでストローが飛び出すストロー水筒。
    このタイプは、小さいお子さんでも水をこぼすことなく飲めるメリットがあります。

    コップ
    コップに水を注いで飲むことができるタイプ。
    水筒に口をつけないので衛生的に安心です。

    その他に、直飲みとコップの2WAYタイプもあります。

    スポンサードリンク

    商品の検索には【楽天市場】が便利です。
    サイズ、柄、性能など、検索したいものが見られるほか、みんなのレビューがあるので
    使った感想を参考にすることができます。
    ↓こちらのリンクから↓検索してみてください。

    幼稚園の水筒 年少さんなら?

    腕の力がついてきたとはいえ、まだまだ身長も小さいし
    体力的にも弱いのが年少さん。
    大きい物や重いものは避けてあげましょう。

    容量は 400ml
    重さは 300g〜350g(商品の説明には大体0.3と書いてあります)
    飲み口 ストロー、または直飲み

    プラスチック製かステンレス製かについては
    保冷温性、耐久性、そして、こぼれにくいというという面からも
    ステンレスをオススメします。
    幼稚園に限らず、自分が使うものも含めて水筒はいろいろ
    買ってきましたが、経験上

  • プラスチック製は落とした時に割れやすい
  • 氷を入れると水滴がつく
  • 中身がこぼれやすい
  • 温度が保てない
  • などのデメリットがあります。

    ただし、ステンレス製は、プラスチックにくらべれば重くなりますので
    水筒容器の重さを必ず確認してください。
    中身を入れた時に1キロ以上になると
    持ってある時に(遠足など)年少さんであるお子さんは疲れてしまう可能性も。

    飲み口については
    コップタイプだとつぐのが難しいという理由から、ストローか直飲みタイプがオススメです。
    ストロータイプを選ぶ場合は、フタの閉め方が楽かどうか?を確認しましょう。
    ストローの角度によって閉まりにくい水筒があります。

    まとめ

    こどもの水筒選びって、すぐ成長するということを考えると
    線引きが難しいですよね。
    柄もキャラクターで選ぶと流行や廃りがあるので注意が必要です。
    また、ステンレスかプラスチックかについては
    園に相談したり、同級生に相談してからでもよいかと思います。
    我が家は長年愛されているようなキャラクターをいくつか娘に提示して
    その中から選んでもらいました。
    結構な年数使えますし、使わなくなったら自分が使えるので
    無駄になりません。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 子育て・教育 , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    赤ちゃんとお出かけ、気をつけたいポイントはコレ!

    スポンサードリンク ゴールデンウィークや夏休み、長い休日がやってきます。 ベビー …

    お食い初め 石はどこで手に入る?何個用意する?終わったら?

    スポンサードリンク 赤ちゃん誕生から100日頃に行う「お食い初め」。 お食い初め …

    保育園 入園前説明会 ママの服装は?持ち物は?写真撮影もある?

    スポンサードリンク 入園許可が降りて、保育園の説明会へ。 さて、入園式ならフォー …

    海水浴 あると便利な持ち物は?子供で気を付けたいことは?

    スポンサードリンク 夏の海は、子供のとってとても楽しい場所です。 ですが、いつも …

    自由研究 大学で無料イベントは?小学生向きは?首都圏オススメは?

    スポンサードリンク 夏休みですね〜。 小学生の夏休みと言えば自由研究がありますが …

    七五三 妊婦ママの服装は?髪型は?アクセや靴は?

    スポンサードリンク 七五三でママの服装、後になりがちですね。 そして次のお子さん …

    保育園 七夕の願い事 子供らしい可愛いお願いって?

    スポンサードリンク 七夕が近づくと、「短冊にお子さんのお願いごとを書いてください …

    内祝いはいつまで?準備は?親や友人へ選び方のコツ

    スポンサードリンク 出産祝いのお礼に贈る「内祝い」は、センスのいいギフトを選びた …

    1日で終わらせる自由研究は?研究探しにオススメのサイト7選

    スポンサードリンク 長くて短い夏休み。 あっという間に終盤になってしまいますよね …

    運動会のお弁当 簡単だけど豪華に見えるおかずは?

    スポンサードリンク 運動会、どこのご家庭も気合が入っているだろうし、我が家もでき …