くるっと日和

Just another WordPress site

子供の咳 なぜ長引く?通院するなら何科?考えられる病気は?

      2017/05/12

咳で苦しくて辛そうな我が子を見ていると、代わってあげたいと思うのが親心。
どうして子供の咳は長引くのでしょうか?
咳の原因は色々あります。
親として、子供がどうして苦しいのか、眠れない理由は何かを知ることで、
適切な対応が出来ると思います。
今回は風邪等の呼吸器系の咳の特徴や種類、症状をまとめました。

スポンサードリンク

子供の咳 なぜ長引く?

子供は大人より気道の抵抗力が弱いので炎症になりやすく、
気道が敏感な状態続き、咳が長引く事が良くあります。
痰の出し方も上手ではないので、気道を更に刺激してしまいます。

気道が過敏になっていると悪循環で、
空気が乾燥していたり冷たかったりする事が原因で咳が出たり、
運動をしただけでも咳が出てしまいます。

子供の咳 通院するなら何科?

結論からいいますと1番が「小児科」で、2番が「耳鼻咽喉科」です。

1、小児科
かかりつけの小児科なら「いつもと比べて」の診察をしてくれます。
それから「今その地域で、子供達に何の病気が流行っているか」で、
色んな可能性から診断してくれます。
子供の場合は「かかりつけの小児科」を作っておく事が病気を早く治す道です。
引っ越ししたばかりで、まだない場合は、
早いうちに「かかりつけ」を作っておきましょう。

2、耳鼻咽喉科
もし今回の咳に鼻づまりや喉の痛みがあるのなら耳鼻咽喉科に行ってもいいです。
だだし、耳鼻咽喉科は「鼻」や「喉」を診察する事が多いので
お母さんがしっかり咳の音や就寝時の状態をDr.に話して、肺の音も確認してもらってください。
話を聞いて、Dr.が気に掛かれば、レントゲンも撮ってくれるハズです。

我が家の娘は、「かかりつけ」を3つ作っています。
1、生まれた時から通院している総合病院(NICUに入っていたため)
2、予防接種を受ける小児クリニック(Dr.は町の乳児検診診察医)
3、鼻水がひどい時にかかる耳鼻科クリニック(筆者のかかりつけ医)

なぜ3カ所あるかというと、休診日がそれぞれ違うのです。
1は救急外来もやっているので、夜間熱が出た時にも対応してもらえます。
 ただし、平日午後の診察は予約のみなので、夜7時までやっている
 2もかかりつけにしています。
3の耳鼻科は、鼻水や鼻づまりがひどい時に治療してもらうと次の日には
「え?」と思う程よくなることがあります。
それぞれの短所を長所でカバーするように、かかりつけをつくるといいですよ(^^)

咳の特徴や咳が続く期間を知る

医者に必ずと言って良い程聞かれるのが、
「どういう咳をしていますか?乾いた咳ですか?湿った咳ですか?」
という質問です。
子供を医者に連れて行った時、咳の特徴を的確に症状を伝える事で、
医師が原因を見極め易くなり、適切な対処をして貰えます。
お子さんが咳をし始めたら、カレンダーの隅でいいので
咳の音をメモしておくクセをつけておくと通院の際役に立ちますよ。
iPhoneのメモ帳でもいいです。 

virus_seki

咳の音の種類

1、コンコン、コホン、コホッ
乾性咳嗽(かんせいがいそう)。
『空咳』とも言われます。
咳をしても、痰などが出てこない為、長い間続くと大変苦しい感じの咳です。
乾性咳嗽は、風邪の初期症状でのどがイガイガするなどの、
上気道の炎症の時に出ます。

2、ゴホゴホ、ゴホンゴホン、ゼーゼー
湿性咳嗽(しっせいがいそう)
痰を伴う咳の事です。
湿性咳嗽は、下気道の炎症のサインです。
鼻水が喉から中に落ちて、湿った咳が出る場合もあります。
また、気管支炎や肺炎のサインでもあり、
痰の色が黄色や緑色の場合は特に注意が必要です。

咳が続く期間

咳がどれくらい長く続いているかで、
その咳が急性か慢性かなどが便宜上分類されます。

  • 1~3週間未満で落ち着く咳 → 急性
  • 3~8週間続く長引く咳 → 遷延性(せんえんせい)
  • 8週間以上続く咳 → 慢性
  • 例えば、気管支炎は咳が続く期間によって
    急性気管支炎 → 遷延性気管支炎 → 慢性気管支炎 → 反復性気管支炎
    と重症化していきます。

    子供の咳 考えられる病気は?

    秋から冬にかけてお子さんがかかりやすい呼吸器系の感染症です。

    スポンサードリンク

    ■かぜ症候群・普通感冒(ふつうかんぼう)
    一般的に風邪といわれるのがかぜ症候群。
    ウイルス性で鼻や喉からの感染が多く、鼻炎や咽頭炎の症状がでます。
    咳はその後に出始めることが多いです。

    ■インフルエンザ
    普通のかぜと同じウイルス性ですが、インフルエンザの方が症状が酷くなったり、
    全身に関節痛、筋肉痛、怠慢感が表れ、38度以上の高熱が出るのが特徴です。
    特に子供(乳児、幼児)は咳が悪化して、気管支炎、肺炎、
    副鼻腔炎の合併症を伴う事が多く、重症化しやすいので、注意が必要です。
    インフルエンザかどうかの検査は15分程度で出来ます。

    ■RSウイルス
    主な症状として、乾いた咳、発熱、鼻水が数日続き、多くは軽症で済みます。
    ただし、3割程度は「呼吸が浅くなる」「ゼーゼーする」「痰がつまる」
    「呼吸数が増える(1分間に60回)」「眠れない」等の症状があります。
    そして場合によっては気管支炎や肺炎となります。
    12月頃から多く報告されます。

    ■クループ症候群・喉頭炎(こうとうえん)
    上気道のウイルス感染から気管の入り口にある喉頭が炎症を起こします。
    生後6ヵ月から5~6歳の小児に最も多く、犬がケンケン鳴くような空咳が続きます。
    症状が酷くなり呼吸困難を招く事もあり、
    その場合は緊急治療で速やかに吸入処置が必要となります。

    ■急性気管支炎
    普通の風邪が悪化して、気管支にまで炎症が及んだ場合に起きます。
    ウイルス性の感染が原因の場合が多く、始めは発熱・乾いた咳、
    次第に痰が出る湿った咳へと変化するのが特徴です。
    膿性痰や高熱がある場合は細菌性の可能性もあるので、抗菌薬が処方されます。

    ■肺炎
    感染症からなる肺炎は、ウイルス性と細菌性のものに分けられ、
    その原因となる種類も色々あります。
    病原微生物の種類により、細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、非定型肺炎に分けられます。
    咳以外に発熱や多呼吸(呼吸数や深さの増加)の症状も現れたりします。
    最近、良く聞くようになったマイコプラズマ肺炎は非定型肺炎の一種です。

    ■百日咳
    百日咳菌による呼吸器感染症。
    2歳未満の子供が感染するとひどくなり易く、
    また、6ヶ月未満の乳幼児の死亡率が高いという統計があります。
    3種混合ワクチンに含まれていますが、免疫の持続期間は4年から12年な為、
    最近では大人の感染が増えつつあります。

    ■副鼻腔炎(蓄膿症)
    鼻の奥の空洞、副鼻空内で炎症が起き、膿が溜まり鼻水となって鼻から出ます。
    鼻水が前に出ないで、鼻の奥から喉に垂れる事を後鼻漏(こうびろう)と呼びますが、
    これが痰となり湿った咳となります。
    副鼻空炎は治りにくく長引く傾向にあるので、咳も長引いてしまいます。
    副鼻腔炎(蓄膿症)の場合は耳鼻科の治療も必要となります。

    ■マイコプラズマ肺炎
    風邪の諸症状によく似ている細菌性の病気。
    症状は、喉の痛み、37℃~39℃の発熱、しつこく乾いた様なカラ咳、鼻水や鼻詰まり
    吐き気、嘔吐、下痢のような消化器官への影響も出る、呼吸がしにくくなり呼吸困難になる事もある。
    細菌性の呼吸器系感染症であり、マイコプラズマ菌に感染し2~3週間ほどの潜伏期間の後に発症します。
    主にくしゃみや咳などの飛沫により感染します。
    寝ている時間帯(夜中~明け方)によく咳が出るのが特徴

    まとめ。。。の前に、病院選びで注意したい点を1つ。

    病院によっては、内科医ばかりが内科診療をしているとは限りません。
    実は、筆者はマイコプラズマ肺炎になったことがありますが、誤診された経験があります。
    後から気がついたのですが、内科で診察してくれたのが整形外科のDr.で(^^:)
    最初は、ただの風邪と診断されてムコダインなど処方薬をもらいましたが
    1ヶ月以上咳が止まらず、ゼイゼイして苦しくて我慢できず
    夜間外でたまたま夜勤だった呼吸器系専門のDr.に見てもらったら、
    「なんでもっと早く通院しないの!マイコプラズマだよ。すでに肺に穴が開いてる。」
    といわれました。
    同じ病院に通院しているのに、こういう事がありますので、
    診察してくれるDr.の専門は何科?をしっかり確認してから通院しましょう。
    専門科はホームページのドクター紹介に記載されているはずです。

    まとめ

    気管支炎や肺炎にかかると胸の真ん中あたりがずっと痛い状態が続きます。
    咳で苦しくて辛そうな我が子を見ていると、代わってあげたいと思うのが親心。
    特に熱が高くないのに咳が続く時は、注意深く様子を観察して
    咳の音が変わってきたら、早めに通院してあげましょう。

    スポンサードリンク

     - 美容・健康・対策 , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    IHの焦げの原因は?対策は?簡単にキレイにする方法は?

    IHクッキングヒーターって、以外と早く頑固な焦げつきができて真っ黒になりますよね …

    はやり目とものもらいは違う!感染するのは?予防策は?

    子供がかかる「目の病気」はいろいろありますが、 よく耳にするは、「はやり目」と「 …

    梅雨のダニ対策、布団やベッドのケア方法は?

    朝目覚めて、腕や足にポツポツ赤い跡・・・そして、体がかゆい!なんてことありません …

    日焼け止めの正しい塗り方は?ポイントは?

    晴れの日には爽やかな風がふき、外出したくなる季節になってきました。 ちょっとだか …

    お盆中のケガ病気。病院を探す方法は?救急に行く時の注意点は?

    帰省しているときに、子供が発熱! キャンプにでかけたら、ケガをした! 急に虫歯が …

    夏に停電!赤ちゃんの暑さ対策は?冷蔵庫は?備えは?

    最近では異常気象による落雷や突発的に停電になることもありますよね。 そこで、今回 …

    春やGWにも多い熱中症 なぜ多い?なりやすい場所は?対策は?

    熱中症と言えば夏のイメージですが 春先やゴールデンウィークにも熱中症が発生するこ …

    台風対策 窓に雨戸がない場合は?接近直前の備えは?

    台風が接近して怖いなと思う事は、窓ガラスが割れる事。 雨戸がないと余計心配ですよ …

    白髪染め 自宅で上手に染めるには?染めた後のケアは?

    30代から40代で悩み出すのは、白髪。 美容室で染めてもらうと結構な金額と時間が …

    安くて簡単!ヨーグルトパックの手順は?使った感想は?

    前記事でうっかり日焼けのアフターケアについてご紹介したのですが、その中の1つヨー …