くるっと日和

Just another WordPress site

オリオン座流星群2015 ピーク時間は?星空予報は?観測するには?

      2017/05/12

10月21日深夜から22日明け方、オリオン座流星群による天体ショーが始まります。
月明かりに左右されない漆黒の夜空で、魅惑の天体ショーが繰り広げられることになりそうです。
秋も深まり、ちょっと冷え込む時期でもありますが、
ちょっと早起き&防寒をして、夜空を見上げてみませんか?

スポンサードリンク

オリオン座流星群とは?

 毎年秋のこの時期に見ることができる「オリオン座流星群」。
三大流星群といわれる「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス流星群」「ふたご座流星群」に次ぐ、
もしくは並ぶといわれるほど、多くの流星の出現が期待される流星群です。
1時間に30~50個の流星が見られると予測されています。

オリオン座流星群2015年 ピークの時間は?

2015年の10月22日頃は、月は上弦過ぎの月で結構明るい存在感のある月という事もあり、
夜半過ぎに月が沈むので、その後が観測の最大のチャンスです。

月明かりに邪魔されることなく観察できるチャンスは午前1時から夜明け前までの間です。

オリオン座流星群の見える方角は?

基本的に放射点は東側にあるのですが、
流星が見える位置はさまざまなので、どの位置で見ても良いです。
方向は、全方向ですが、特に東南側を重点的に見ておくといいでしょう。
毎時20個程度の流星が見られるでしょう。

立っていると首が疲れるだけでなく視野が狭くなるので、
もし可能ならば、空全体が見られるように寝転がって見るのがオススメ。

気になる星空情報

21日水曜日 夜の天気
流星群がピークを迎える21日水曜日の夜は…
関東から北は晴れる所が多いでしょう。
ただ、東北北部では、夜遅くは、所々に雨雲がかかりそうです。
東海から西は、雲が広がりやすいですが、近畿や九州南部など星空の見られる所もあるでしょう。

22日木曜日 夜の天気
ピークを過ぎても、30日までは見やすい時期が続きます。
21日水曜日よりも、晴れる所が多いのが、22日木曜日です。

22日木曜日の夜は…
北海道から九州まで広く晴れるでしょう。
東北は雲が広がりやすいですが、雨の降ることはなく、雲の間から星空の見られる所もありそうです。
その後、北海道は週末からぐずつきますが、そのほかは27日頃まで晴れる所が多いでしょう。
(出典http://www.tenki.jp/)

概ね期待できそうな天気ですね。

流星群を観測する5つのポイント

街中や家の前でも流星群を見るためのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

1.月明かり・街明かりを上手に避ける
2.暗闇に目を慣らす
3.なるべく広い場所に行く
4.15分以上観察する
5.服装・持ち物は?

1、月明かり・街明かりを上手に避ける
 「最近は夜空を見上げても星が見えない。」
実はこれ、つもりつもった街明かりが原因です。

明るい光が目に入らないように「月明かりに背を向ける」、「街灯の光を手で隠す」。
これだけでもずいぶん流星が見えやすくなります。
もちろん暗い場所で観測できるのが一番ですが、
明るいところでもこれを気にするだけで本当にずいぶん違います。

2,暗闇に目を慣らす
人の目が暗いところに慣れるまではちょっと時間がかかります。
目が慣れるまで、だいたい10~15分程度かかるそうです。
家から外に出て、気分転換がてらにのんびり空を眺めていてください。

3、なるべく広い場所に行く
できるだけ空が広く見渡せる場所を選んで、空の広い範囲に注意を向けるようにしましょう。
空をより広く見渡しているほうが、より多くの流星を捉えられる可能性が高くなります。
初心者の場合とにかく見逃してしまうことが多いそうなので、なるべく広く視界に入るような場所でみたいですね。

4、15分以上観察する
特に都市部ではそれほどたくさんの流星が見えるわけではありませんので、最低でも15分間程度は観察を続けるのがよいでしょう。

5、服装・持ち物は?
・虫よけスプレー  虫はいつでも油断できません。
・防寒グッズ    季節に関わらず夜は冷えます。特に足元!毛布や寝袋があってもいいです。
・敷物       寝転がれるので、長時間の観測にも便利
・懐中電灯     強い光を避けるため赤いセロハンをはるとよいです。
・夜食       おなかがすきます。体も冷えます。
・スマートフォン  星空の知識を得ましょう
          星座早見盤を見たり、星座アプリを見たり
          神話や豆知識など、少しあるだけで星空を何倍も楽しめます
          流星見えるかなマップも使えます。

さて、準備も万端、いよいよ星を眺めましょう。
ぼーっと眺めるのもいいですが、見る方角を間違っていると見つかりません。
そんなときは、スマートフォンの星座アプリが便利です。
星座アプリも星座早見も使いかたはあまり変わりません。
星は時刻によって位置を変えます。
時計で日付と時刻を合わせて、コンパスで見たい星の方位を向きましょう
スマートフォンは時計もコンパスも内蔵しているので便利です。

最後にもう1つ天体情報
オリオン座流星群の他にも、10月18日以降の明け方には、もう1つ天体ショーがみられます、
日の出の約1時間ほど前ですが、東の空に金星、火星、木星が一堂に集います。
オリオン座流星群の21日頃には、3つの惑星が一列に並ぶように輝きますよ。

まとめ

天体観測は、初心者には敷居が高いように感じますが、
ただ見晴らしの良い所に行くだけで、意外と簡単に見ることが出来ます。
流星群なら天体望遠鏡がなくても、動きがあるので見つけやすそうですね。
観測の際には、防寒に気を付けてくださいね。

寒さに弱い。早起きも弱い。
そんな方には、ニコ生で放送予定ありです。チェックしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 季節・イベント・暦 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

初めての富士登山、本格的な服装は必要?レンタルは?注意する事は?

一度は登ってみたい日本一の山、富士山。 世界遺産登録になってからは、初心者登山者 …

こいのぼり 出す時期は?雨の日ってどうする?しまう時期は?

ゴールデンウィークが近づくと鯉のぼりを見かけるようになりますね。 この鯉のぼりは …

江戸川区花火大会 場所取りのコツは?時間は?穴場スポットは?

江戸川区の花火大会は、エキサイティング花火2015 第40回 江戸川区花火大会が …

ひたち海浜公園 車いす・ベビーカーは大丈夫?トイレは?

お天気がよい休日は、どこかへお出かけしたくなりますね。 遠出するとなると、足の不 …

立秋 暑いのになぜ秋がつくの?行事は?食べ物は?

立秋とは、8月08日〜8月22日頃の期間を指します。 ちなみに2017年の立秋は …

花火大会2017 みんなが行きたい花火大会って?ランキング紹介

今年も暑い夏がやってきました。 花火大会もたくさん開催される予定です。 でもたく …

初詣 期間はいつまで?参拝は何時まで?何を願うの?

1年の計は元旦にあり。 初詣に出かけようかと考えているが旅行に行っていたり 仕事 …

雛人形 飾るのに良い日は?良い方角は?しまう日はいつ?

3月3日は、桃の節句「ひな祭り」ですね。 ひな人形を飾って女の子の成長を祝う日で …

成田花火大会2017 見どころは?穴場スポットは?近いコンビニは?

成田花火大会はといえば、豪快な打ち上げ花火「黄金伝説」。 今年2017年10月1 …

花火大会  赤ちゃんは大丈夫?音の影響は?行くなら何歳から?

ベビーカーでお出かけが出来るようになってきた赤ちゃん。 初めての夏。いろいろなと …