くるっと日和

Just another WordPress site

赤ちゃん 冬の布団の掛け方は?パジャマの着せ方は?暖房は?

      2017/05/12

スポンサードリンク

赤ちゃんって、寝返りはまだでもちょっと動けるようになると
布団を蹴ってしまいます。
特に冬は風邪をひいたらどうしようと心配になりますよね。
手も氷のように冷たくなってるし。
赤ちゃんの布団蹴りは、ママさんには心配なものです。
うちの娘も気がつくと、とんでもないところで寝ている事ありますよ。
今回は、赤ちゃんの冬の布団の掛け方は?寝冷え対策は?暖房はいつまでつける?をまとめました。

スポンサードリンク

赤ちゃん 冬の布団の掛け方は?

赤ちゃんは、基本、暑がり。
育児書に、そんなこと書いてありますよね。

赤ちゃんは、大人よりも新陳代謝が良く、
体温も高めで、大人の二倍も汗っかき。

大人と同じに、着せていたら、
赤ちゃんからすると、熱々なことあるのです。

確かに、冬は赤ちゃんを抱っこして寝ると
湯たんぽを抱いたみたいにホッカホカ(///^^///)

ずっと抱っこして寝ているとママも熟睡できませんよね。
もう大丈夫かな?と、腕を離すと
布団蹴り!または布団から転げ降りる!
いくら暑がりだからって、パジャマ一枚では、低体温症になってしまっては大変です。
でも、布団掛ける→蹴る→掛け直す→蹴る&よく眠れず泣く!
これをやっているとママも寝不足になってしまいます。
では、どうすればいいのでしょうか?
free-photo-japanese-baby

赤ちゃんが凍えないように布団を掛ける方法

方法は、2つ。

  • 薄着にして、布団を掛ける
  • 厚着にして、薄い布団を掛ける
  • です。では詳しくお話ししますと・・・

    1.薄着で布団を掛ける

    我が娘も暑がりなので、いろいろ試したのですが
    これが一番暑さを調節しやすくてオススメですね。

    綿の肌着と、綿のカバーオールやパジャマ、
    合計二枚ぐらいを着せて、一緒に大人と同じ布団に入ります。
    このとき、靴下は脱がせてくださいね。
    靴下をはいて寝ると体に良くないのだそうです。

    ちょっと狭いですが、一緒に寝るので、お互い暖かいです。
    そして赤ちゃんはママの香りがするので、安心して熟睡しますよ。

    布団ですが、もしシングル掛けしかない場合
    背中が出てママが寒いですよね。
    そんな時は、赤ちゃんが寝入ったら、布団はママが使って
    軽い素材で出来た膝掛けの大きさのものを
    掛けてあげるといいですよ。
    マクロファイバー毛布は軽くて暖かいです。

    2.厚着で薄布団を掛ける

    熱を逃がしにくい素材の冬用肌着(例えばヒートテックを着せて
    パジャマを着せる。そして、スリーパー。

    これならどんなに蹴ってもスリーパーははだけることがありません。

    ですが、暑くなっても、赤ちゃんが、自分で脱げないのが、
    大きなデメリット
    赤ちゃんは体温調節がうまくありません。
    そして暑いということを伝えるすべもありません。
    泣いてくれればいいですが、大汗をかいていても
    寝てしまうと寝苦しくなるギリギリまで起きないことが多いです。
    脱水症状になってしまう場合もあるので、注意が必要です。

    それと、動けるようになった赤ちゃんは、厚着すると
    寝返りが出来ず、寝苦しくなり夜中に大泣きしてしまうことも。。。

    ↑はい、コレ、うちの娘です。↑
    娘は1歳前半まで、風邪を引きやすかったので心配で厚着をさせて寝かせていました。
    そうしたら、熱がこもり真夜中に大泣き。
    体温を測っても、通常体温。
    オムツを取り替えてもダメ。
    お腹が空いたのかとミルクを出しても口にも入れない。
    あ、汗かいてるかも・・・一枚脱がせてみたらちょっと落ち着いた。
    体が冷えるまで1時間ぐらい寒い中、ずっと抱っこしてすごしたこと何度もあります。

    もし厚着させて寝かせるなら
    布団を掛けると暑すぎになるので、
    タオルケットを二つ折りにしたり、
    フリースのひざ掛けをかけたりする
    程度にするといいでしょう。

    赤ちゃん パジャマの着せ方は?

    基本は、肌着とパジャマの2枚です。
    パジャマは・・・
    1、新生児に近い赤ちゃんなら綿のカバーオールがオススメ。
    2、寝返りができる〜ハイハイ、あんよぐらいの赤ちゃんなら
     カバーオール型肌着に上下パジャマがオススメです。

    経験上ですが、動くようになると夜中にオムツから尿が横漏れすることがあり
    着替えることがあるので、2がオススメです。
    枕元にオムツと着替えパジャマがあるとママも楽ですよ。

    肌着とパジャマですが
    秋から初冬は、半袖肌着と薄手のパジャマ
    初冬から春になるまで、長袖肌着とちょっと厚手のパジャマ
    もしくは、半袖肌着とキルトニットでできたパジャマ。

    肌着は綿100%が赤ちゃんの柔らかい肌にはいいですね。

    今年買って「これはいいな」と思ったのは
    UNIQLO BABYのキルトパジャマ(通常価格1500円)
    キルトニットは二枚の生地の間に綿が少し入っているので
    暖かい生地です。
    UNIQLO BABYのキルトパジャマの上着左腰あたりには
    ボタンがついています。
    何かな?と思っていたらズボンにホールがあって、
    それに掛けると
    お腹が出ないという工夫があります。
    時々、週末セール対象品になるので、週末のチラシをチェックしてみて!
    990円になる時があります!
    アプリでもデジタルチラシが見られますよ。

    スリーパーは、寝返りができない赤ちゃんには有効かと思いますが、
    寝返りができるようになった避けてあげる方がいいかも。

    大人もそうですが、寝返りは「寝苦しい」からするものです。
    赤ちゃんも寝苦しいから自分で方向を変えたわけですから
    それを妨げない寝間着の方がいいわけです。

    また、赤ちゃんが蹴りあげてスリーパーが誤って鼻や口元の上に
    落ちてしまうと呼吸を妨げるので大変危険です。

    寝冷えが気になるなら、「腹巻きつきパジャマ」がオススメ
    お腹がしっかり守れます。
    単品で腹巻きを使ってもOK
    腹巻きつきパジャマは、赤ちゃん本舗、西松屋、イオンなどなどの
    BABAY用品売り場に置いてあります。
    赤ちゃん本舗のパジャマはおしり部分がマチ入りなので
    オムツをつけていても、締め付けがありません。

    赤ちゃん 夜寝る時に暖房は?

    赤ちゃんが寝てしまったら、暖房は止める事をオススメします。
    暖かい布団に入っている上に、暖房がついていると
    まるでサウナに入っているかのようです。
    赤ちゃんが寝た後に、その部屋で大人が起きている場合は
    大人は寒くなってしまうかもしれませんが
    防寒着を羽織って過ごしてあげましょう。
    あ、赤ちゃんがいる部屋以外は暖房OKです。

    まとめ

    赤ちゃんは暑がりなので、普段から、
    大人よりも1枚少なく!が基本。
    とはいえ、寒さが厳しくなってきたら、
    防寒は気を配ってあげてくださいね。
    赤ちゃんでいる時間はほんの少しだけです。
    「そんなことをしてあげてたっけな」
    と、大きくなってからはいい思い出になりますよ、きっと(^^)

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 子育て・教育 , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    10日間でできる自由研究 カイワレ大根の観察 

    スポンサードリンク 夏休みで悩むのは自由研究ですよね。 できるだけ安く簡単に、で …

    ベビー服リメイク タイツをスパッツにする方法 

    スポンサードリンク 赤ちゃんの成長はとっても早いですね。 それは嬉しいことなので …

    紫外線対策、赤ちゃんの日焼け止めは?オススメは?どこにつける?

    スポンサードリンク 風も少なく天気がよかったので、娘と一緒にお庭へ出ました。日差 …

    入園準備 全部に名前を書く理由は?保育士が見やすい場所はココ!

    スポンサードリンク 年が明けると入園許可の通知が到着。 嬉しい知らせと共に入園準 …

    おやすみロジャーは効果なし!?3歳児に試してみた。内容や口コミは?

    スポンサードリンク おやすみロジャーが話題ですね。 海外でベストセラーになってい …

    赤ちゃん夏の暑さ対策 冷房はつける?設定温度は?寝る時は? 

    スポンサードリンク まだ梅雨にも入っていないのに毎年5月になると急に暑くなります …

    七五三 妊婦ママの服装は?髪型は?アクセや靴は?

    スポンサードリンク 七五三でママの服装、後になりがちですね。 そして次のお子さん …

    幼児の浴衣選び 種類は?オススメのタイプは?足もとは?

    スポンサードリンク お祭りの服装と言えば浴衣。 小さいお子さんがいるご家庭なら …

    1日で終わらせる自由研究は?研究探しにオススメのサイト7選

    スポンサードリンク 長くて短い夏休み。 あっという間に終盤になってしまいますよね …

    りんご病 妊婦は要注意!どんな病気?赤ちゃんへの影響は?予防法は?

    スポンサードリンク 妊娠初期の妊婦さんが、冬に気をつけなければならない病気といえ …