くるっと日和

Just another WordPress site

ノロウイルス 子どもが感染したら?症状は?治療や対応は?

      2017/05/11

スポンサードリンク

乾燥の季節、それとともに猛威を振るうのがノロウイルスです。
特に気をつけたいのがお子さんです。
感染すると重症化しやすいので、お子さんがいる場合は
ノロウイルスの流行の話を聞くと心配になりますよね。
今回は、ノロウイルス 子どもが感染したら?症状は?予防法は?をご紹介します。

スポンサードリンク

ノロウイルス 子どもが感染したら?

ウイルス性の感染症で、感染力が非常に強いのが特徴です。
乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こします。

日本での食中毒患者数の半数は、実はノロウイルスが原因で、
ノロウイルスによる食中毒の70%は、11~2月に集中して発生します。

流行は、10月頃からじわじわと始まり、12月から1月頃にピークを迎えます。
ですが、春夏秋冬問わず、年間を通じて発生するやっかいな感染症です。

子どもが感染したら? 症状は?

ノロウイルスに感染してしまった場合、
発熱があったあとに、激しい嘔吐と下痢が始まります。
熱は38度以下のことが多く、最初は風邪かな?と軽く思いがちなのです。

そして、子どもが感染した場合の特徴として
発熱がなくて、腹痛症状だけが現れたり、
下痢が激しくなく、嘔吐の回数だけが多いことなどがあげられます。

そして子どもの場合、免疫力も弱いことや通院が遅れて重症化しすい
ということがあります。

感染経路は、保育園や幼稚園、学校などの集団で生活する公共の場
で二次感染するケースが多くみられます。
つまり、他の子どもも感染していることに気がつかないで
登園校しているということです。

ノロウィルス 治療は?

まずは医師の診断を受けてください。
ですが、薬は処方されません。
実はまだ有効な抗ウイルス剤がないので、
排泄物と共にウイルスが体外に出てしまうまで
水分や栄養補給に気をつけながら、
安静にして自然治癒を待つしかありません。

感染後の潜伏期間は約20時間~48時間とされています。
2~3日すると、症状は回復に向かい始め下痢や嘔吐もなくなります。

この時に注意すべきは、「脱水症状」です。
嘔吐したり下痢をしたりして、体力も落ち、そして食欲もなくなります。
「何も欲しくない。」といって食事も水分も取らないお子さんがいます。
しかし、これが命の危険になります。
食事はとれなくても、水分補給はこまめに行いましょう。
水分はスポーツドリンク、または経口補液剤が有効です。

スポーツドリンクのように甘さはなく
どちらかといえばしょっぱい感じです。
嘔吐して30分ぐらいして、少し症状が落ち着いてきたら
一度にたくさんは飲めませんので、スプーン一杯(1回10~20ml)を飲ませてみます。
まだ吐き気が強い場合は、そのまま吐いてしまうことがありますが
その場合は、しばらく飲ませず症状が収まるのを待ちます。
飲ませてみて吐かなければ、少しずつ量を増やしてあげましょう。
様子を見ながら、とにかくこまめに飲ませます。
飲ませる量の目安は3~4時間の間で、
乳児 300~500ml程度
幼児・学童で500~1000ml
程度とされています。

家族のノロウイルス感染への対応は?

お子さんがノロウィルスに感染してしまったら
二次感染を防ぐ為に家族も気をつけなければなりません。
特に、お子さんの世話をしているお母さんは感染に対して慎重になるべきです。

生活面での基本は 手洗い です。
ノロウイルスは強い耐性があり、アルコール消毒では効果がありません。

石鹸に対しても耐性がありますが、良く泡立てた石鹸で手を洗うことで、
ウイルスを洗い流すことが出来ます。
爪の中にも付着することがありますので、
普段から爪を短く切り、こまめに手洗いをしましょう。

指輪をしている場合は、指輪を外してから洗うことも大切です。
ご自宅で手洗いをする場合、タオルを共用していると、
そこから感染が広がる可能性が高いので、こまめにタオルを交換して
洗濯をしましょう。一日交換で大丈夫です。

また、調理器具も常に清潔に保つように注意しましょう。

キッチンハイター等の次亜塩素ナトリウムで消毒するか、
85度以上の熱湯で1分以上消毒するのが有効です。
なので、鍋に水を入れて沸騰させて、フライパンや
食器にそのお湯をかければ、調理器具と食器が一緒に熱湯消毒ができます。

気を付けたいのは【まな板】です。
様々な食材を切りますので、どれかが感染していたら、
まな板に付着してしまいます。
使ったら毎日熱湯消毒して、水を切って干しておくことが望ましいです。

まとめ

お子さんが感染すると心配ですよね。
特に嘔吐や下痢が続くと余計体力を奪われます。
そんなかわいそうな状態のお子さんですが
症状が治まっても1ヶ月はまだ体内にウィルスが
残っている可能性があります。
ノロウィルスは、トイレからも感染しますので
お子さんが排便をした際は、塩素系洗剤でトイレ掃除を行ってください。
また、石鹸での手洗いを十分に行い、感染防止に努めましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・対策 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏に停電!赤ちゃんの暑さ対策は?冷蔵庫は?備えは?

スポンサードリンク 最近では異常気象による落雷や突発的に停電になることもあります …

子供の熱中症、症状・チェック方法は?スポーツ時の予防方法は?

スポンサードリンク 最近は1学期中に運動会やスポーツ大会などの行事を行うことが多 …

熱中症対策 扇風機で素早く部屋を冷やす方法は?

スポンサードリンク 急に暑くなり、熱中症になりそうな予感がしてきました。 さて、 …

乳がん検診 どこで受けるの?20代は?検査方法や費用は?

スポンサードリンク 乳がん検診に行った方が良いとはわかっていても、 しかし、どこ …

免疫力をあげる食べ物は?夏ならコレがオススメ!簡単レシピつき

スポンサードリンク あらゆる病気の原因の1つとなるのが免疫力低下。 薬やサプリメ …

台風・豪雨 洗濯物が乾かない!早く乾かす方法は?

スポンサードリンク せっかく洗ったのに、洗濯物が生乾きに・・・ 特にベビー服や子 …

プール熱と流行り目は同じ?違いはコレ。薬は?大人も染る?

スポンサードリンク 先日SNSニュースで「プール熱が10年ぶりに猛威。流行り目と …

衣類の泥汚れ 落ちにくい理由は?効果的に落とすには?

スポンサードリンク 部活やスポーツチームに参加しているお子さんを持つママにとって …

おたふく風邪でも熱がない?検査ですぐわかる?お風呂や外出は?

スポンサードリンク おたふく風邪といえば、ほほがぷっくり腫れて、痛くてご飯も食べ …

サポウイルスって何?潜伏期間や症状は?ノロと違うの?

スポンサードリンク 最近は季節に関係なくいろいろな感染性の病気が発生します。 で …