くるっと日和

Just another WordPress site

ノロウイルス 出席停止はいつまで?登校の目安は?学童には行ける?

      2017/05/11

スポンサードリンク

毎年冬に猛威を振るうノロウイルス。
もしもお子さんが感染してしまったら、
二次感染を広げないための登園・登校は、
ノロウイルスの症状改善を充分に考慮することが大切です。
今回は、ノロウイルス 出席停止はいつまで?登校の目安は?学童には行ける?についてご紹介します。

スポンサードリンク

ノロウイルスの出席停止期間はいつまで?

感染力が強く、流行が懸念される感染病には、
国が定める学校保健安全法に基づき、
出席停止期間が定められています。

例えば、同じ時期に流行するインフルエンザもそうですね。

もし子供が感染した場合は、 「欠席」ではなく「出席停止」扱いになるため、
親が行かせたくても登園・登校をさせることはできません。

出席日数が気に掛かる場合ですが、感染症による出席停止は
自己都合の欠席扱いではなく、病欠としてその旨出席簿に記載されます。
なので皆勤賞が欲しい場合は、もらえますよ。

ノロウイルスには停止期間がない?

インフルエンザ以外にも溶連菌感染症やマイコプラズマ肺炎などは
出席停止期間が明確に日にちでもうけられていますが、
冬場によく流行するノロウイルスは、
「ノロウイルスによる感染性胃腸炎:嘔吐症状が消失するまで」
と、なっており、感染力や症状が強いにも関わらず
出席停止期間が日にちで定められていません。

再登校には、学校医または他の医師の登校許可を受け
保健管理室に診断書あるいは登校許可書を提出すれば良いことになっています。
※診断書には診断名、出席停止期間、登校許可月日が明記されていること

そのため、いつまでも休んでいられないので
体調がイマイチだけど、コレぐらいならと思って
子供に無理をさせて行かせてしまうと、
学校や幼稚園での二次感染の恐れがあるため慎重に判断しましょう。

緊急措置として出席停止とする場合もある?

ノロウイルスの出席停止期間については、
園や学校への確認が必要です。
地域の感染状況などにより学校長や
園長の判断により緊急措置をとれることになっています。

排泄物で二次感染を起こすため手洗いを上手に行えない幼児の場合は、
独自で「症状が治まるまで」「検査をして陰性になったら」などの
出席停止期間を設けることもありえますので、
それぞれの指示に従うようにしましょう。

ノロウイルス感染時の出席の目安は?

ノロウイルスを他人に感染させやすいのは、
発症後下痢や嘔吐の症状があり、
全身状態が悪いのは1週間程と言われています。
この間は感染させてしまう危険性がとても高いため、
周囲への二次感染と本人の体力回復に配慮することが重要です。

国からの指導は、
・嘔吐や下痢の症状が治まり、
・全身状態がよくなっていれば登園・登校は可能である
けれど、
・手洗いをしっかり行うように。
という条件が付きます。

そのため、念のため医師と相談してOKをもらってから登校させましょう。

家庭での目安として
食事がキチンと食べられる普通食に、排泄も普通に戻ってから、
行かせるとよいでしょう。

学童には預けられる?

共働きだと、パパママの仕事の都合上、そんなに長くは休暇を取れませんよね。
なんとか学童支援センターへ預けられないかしら?そう思うのは最もです。
しかし、
ノロウイルスは潜伏期間や発症期間は短いと1日、2日前後でそんなに長くはないですが、
便からは1~3週間ウイルスが排出されています。
長いと7週間便からウイルスが出ていた例が報告されているぐらいです。

体調がよくなって、登校するようになってからも
せめて1週間はすぐに家に帰宅させて、人が集まる場へ出るのは控えたほうがいいでしょう。
また、感染したことでお子さんの体力も免疫力も下がって来ています。
他のお子さんから違う病気をもらってしまうことも考えられます。

学校を休んでいる間に、周囲の友達にはお子さんがノロウイルスにかかったことは
ママ友さんには知れているわけですから、今後の付き合いなどを考えても
学童へ行くのは、控えた方が無難です。

まとめ

体調が良くなったからといって油断は禁物。
感染後1ヶ月は注意したいことがあります。

  • 常に丁寧な手洗いを心がける
  • 用を足したあとのトイレを確認し、汚れがあれば塩素系消毒する
  • ドアノブ、手すりなど人が触れるものすべてに注意を払う
  • 調理する際は、食材や調理器具を素手で触れることを避ける
  • 自分が調理するときは生食するものを家族に提供することは避ける
  • 感染者の入浴は最後にする
  • 下着は塩素系漂白剤で消毒してから洗濯する
  • これらを気を付けながら、生活をして、ノロウイルスの二次感染を予防しましょう。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 子育て・教育 , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    運動会で速く走るコツ。1週間前の練習ポイント4と声のかけ方

    スポンサードリンク 2学期も始まり、いよいよ運動会シーズンです。 運動会の目玉と …

    子供の発熱 最初何する?救急へ行く時って?解熱剤で良くなる?

    スポンサードリンク 夜中や休日に子供が高熱を出すと 38度超え?!どうしよう救急 …

    修学旅行バッグ大きさは?種類は?小学・中学・高校で違う?

    スポンサードリンク 修学旅行はお子さんが親元を離れる旅です。 送り出す親としては …

    赤ちゃん夏の暑さ対策 冷房はつける?設定温度は?寝る時は? 

    スポンサードリンク まだ梅雨にも入っていないのに毎年5月になると急に暑くなります …

    卒園式の謝辞 どんなことを言えばいい?用紙や形式は?

    スポンサードリンク 「卒園式の謝辞をお願いします」 その一言で、我が子の涙涙の卒 …

    ランドセル選び方のコツは?いつ買う?お得な季節は?

    スポンサードリンク 幼稚園年長さんの子供さんを持つママさんにとって、 卒園ととも …

    赤ちゃんとお出かけ、気をつけたいポイントはコレ!

    スポンサードリンク ゴールデンウィークや夏休み、長い休日がやってきます。 ベビー …

    幼児の浴衣選び 種類は?オススメのタイプは?足もとは?

    スポンサードリンク お祭りの服装と言えば浴衣。 小さいお子さんがいるご家庭なら …

    りんご病 妊婦は要注意!どんな病気?赤ちゃんへの影響は?予防法は?

    スポンサードリンク 妊娠初期の妊婦さんが、冬に気をつけなければならない病気といえ …

    夏・こどもの病気 下痢の種類は?元気な場合は?受診の目安は?

    スポンサードリンク 小さい子どもの頃って、よく下痢をすることがあります。 でも、 …