くるっと日和

Just another WordPress site

子供の銀行口座 印鑑は作る?いつ作る?素材は?

      2017/05/11

赤ちゃんが産まれるとお祝い金などを貯金するケースが多いですよね。
お子さん名義の銀行口座を開設する場合、専用に印鑑があった方がいいのでしょうか?
今回は、子供の銀行口座 印鑑は作る?いつ作る?素材は?をまとめました。

スポンサードリンク

子供の銀行口座 印鑑は作る?

実際に筆者も娘の銀行口座を作りましたが、
自分が銀行口座開設に使った印鑑を使いました。
今は、通帳に印鑑を添付する事がなくなったので、印鑑が必要なのは
申し込み用紙に押すときと、通帳やキャッシュカードをなくしたときぐらいです。

また、印鑑を別々にしてると、親の管理が増えるということもあります。
紛失してしまうと手続きが大変なので、お子さん名義の印鑑は
ある程度大きくなるまで持たなくても大丈夫です。

その他の生活面を考えても
印鑑を使う機会は、赤ちゃん〜学生時代は、まずないでしょう。
学校でも使用する印鑑は、保護者承諾の印だけです。

赤ちゃんが産まれるとお祝い金やお年玉を貯金することがあると思いますが
その銀行口座開設も、多くの場合は、親が銀行口座用に使っている印鑑で十分通用します。

子供の銀行口座 100均一のでもいい?

さて、銀行口座開設には、銀行印を届け出なければなりませんが
特に親と同じでなければいけないとか本人用の実印でなければならないとか
厳しい訳ではありません。
印鑑を作るまででもないけど、やっぱり親と子供の銀行印は別がいい
と考えるなら、 100円均一に売っている印でも問題ありません。
だだし、丸型のものではなく、細長い丸の形の印鑑です。

選ぶ基準は
認め印(約10~11mm)よりも大きめのもの。
男性 13.5mm~15.0mm
女性 12.0mm~13.5mmがスタンダードです。

デザイン印鑑でも問題ありません。

女の子なら下の名前の方が、結婚して嫁いでも使えるので
下の名前で作るのも人気が出ていますね。
100円均一の印鑑でも問題ないのは、あくまで銀行印ですので、
一生使う実印は良い材質を選んでくださいね。

子供用の印鑑 いつ作る?

お子さん専用の印鑑を作るきっかけになるのは、成人や就職です。
社会に出るという晴れの門出に三本セット(実印・銀行印・認印)を作られます。
地域によっては、成人式のお祝いの中に「印鑑」が入っているところもありますよ。

スポンサードリンク

お子さんが産まれたお祝いに、印鑑を贈るという方もいらっしゃいます。
なので、産まれた記念に何か・・・と考えているのなら
出産祝いに印鑑もいいと思います。

子供の印鑑 作るなら材質は?

お子さんの印鑑は大きくなるまで
なくても不自由はしませんが、やっぱりあった方がいい
そんな場合は、よい材質を選んでください。
銀行印は変更手続きをすれば(面倒ですが)、
いつでも取り替えられるのでなんでも大丈夫ですが、実印はそうもいきません。

実印の材質は、何がいいのか?
筆者の友人の実家は印鑑屋なのでちょっと聞いてみました。(^^)

◆実印に向いていないもの◆
プラスティック、アクリル、ラクト、柘、黒檀、その他の木

上記は、耐久性が低いので、一生使う実印には向いていません。
実印には、耐久性が高いものを選びといいそうです。

◆耐久性が抜群だけど実印にオススメしないもの◆
チタン

チタンは硬くて、耐久性抜群。でも使いごこちがイマイチで嫌いな人もいるそうです。
選ぶなら事前に試し押しをさせてもらってからの方がいいかも。

◆耐久性はわりとあるけど、実印としては微妙なもの◆
黒水牛・牛角
一生もつものもあれば、枠がかける、目が詰まるなどメンテナンスが必要なことも。
実印より銀行印向きだそうです、
ネットでは黒水牛が多く出ていますが、実際に目で見て試し押しができないので
注文する場合はアフターケアもしっかり確認してくださいね。

実印でオススメは
で、何が一番のオススメなのか?というと、象牙 です。

使い心地も耐久性も抜群だそうです。
希少価値があるのでお高めですが、実印登録する事を考えると
いいものを持っていた方がよいです。
実印は15歳以上になると登録できます。

まとめ

  • 子供用の実印は、使う場面がないのでまだ必要ない。
  • 銀行印なら100円均一でも問題ない。
  • 作るなら成人や就職時期がオススメ
  • 印鑑を作るなら良い材質のものを選ぶ。
  • 子ども用の印鑑は、子供が大きくなるまで使用するものと考えて
    つくるといいかと思います。
    就職や成人したら立派なものを作って上げてくださいね。
    筆者も娘には18歳になったら実印を一緒に選んで贈ろうと思っています。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 生活一般 , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    結婚準備 ダイエットは必要?期間は?みんな何をした?

    結婚前の準備で、まず女性が一番気になるのは ウエディングドレスを着たときの自分の …

    お餅は美容に効果あり?効能は?太りにくい食べ方は?

    お餅って美味しくて、食べ始めるとついつい手が伸びますよね。 筆者は定番ストーブの …

    子供のマイナンバーカード すぐ必要?有効期限は?管理は?

    マイナンバー、みなさん通知は無事に届きましたか?  国の広報が「マイナンバーカー …

    手作りウェディングボード大きさは?予算は?コツは?

    2人の新しい門出を祝う結婚式。 最近は結婚式場だけでなくレストランウエディングや …

    楽天 ふるさと納税 ポイントは付く?例外は?ポイント払いは?

    ふるさと納税ってお礼の品がお得だし嬉しいですよね。 楽天市場でも申し込めるのをご …

    七草粥でデトックス 効能やカロリーは?簡単レシピは?

    七草粥とは、1月7日に食べて邪気を払い、無病息災を願うものです。 ただの行事ごと …

    旅行を快適に!荷物を減らすワザ(化粧品・服・貴金属)

    楽しみな旅行で一番困るのは大きな荷物。 服、化粧品、貴金属、履き替え用の靴などな …

    新車は1年間でいつ買うのがお得?いつから交渉する?我が家はこうした

    車を買うなら、できるだけ安くお得に買いたい! 家計を守るママとしては、パパが「コ …

    大掃除はクエン酸で!使い方は?注意は?赤ちゃんは大丈夫?

    今、どんな掃除道具よりも見直されて来ているのが 「クエン酸」と「重曹」です。 簡 …

    インフルエンザ予防接種 料金値上がり?何が違うの?流行時期は?

    10月1日からインフルエンザ予防接種が始まりました。 実は筆者の近所の小学校では …