くるっと日和

Just another WordPress site

りんご病 妊婦は要注意!どんな病気?赤ちゃんへの影響は?予防法は?

      2017/05/11

スポンサードリンク

妊娠初期の妊婦さんが、冬に気をつけなければならない病気といえば
インフルエンザと風疹ですよね。
実は子供がよくかかる「りんご病」も気をつけなければならない病気の1つです。
今回は、りんご病 妊婦は要注意!どんな病気?赤ちゃんへの影響は?予防法は?をまとめました。

スポンサードリンク

りんご病 妊婦は要注意!どんな病気?

りんご病とは、伝染性紅斑といいます。
冬になるとインフルエンザと同じ時期に流行する病気です。
多くは、2歳〜小学6年生くらいまでのお子さんに多くみられ、
子供がかかる病気としては軽いものとされています。
そして、大人への感染があまり話題にならないので子供しかかからない。
と思われていますが、実は大人へも感染します。

りんご病は、両頬がリンゴのように赤くなるのが代表的な症状です。
その他に発熱や全身の倦怠感、関節痛が出ます。
頬の赤みは、10日前後で薄くなって治ります。

『ヒトパルボウィルスB19』というウィルスが原因で、感染経由は以下の通りです。

  • 飛沫感染
  • 接触感染

1番の感染経路は、飛沫感染とされています。
咳やくしゃみなどで、飛散したウイルスが口や鼻から感染します。
2番目の感染経路は、接触感染です。
ドアノブや手すりなどを触った手などにウィルスが直接触れて感染します。
この感染経路は、インフルエンザやノロウィルスなども同様ですね。

治療法は?

リンゴ病は、比較的軽い病気とされていますが、
怖いところは抗ウィルス薬はまだないというところ。なってしまったら治るまで自然治癒ということになります。

お腹の赤ちゃんにどんな影響があるの?

ヒト・パルボウイルスB19が体内で感染するのは、
赤血球のもとになる「赤芽球」という細胞といわれています。
赤芽球が壊されてしまうと、体内で赤血球ができなくなってしまいます。
そうなると胎盤への血液の供給がうまくいかなくなり
それと同時に、胎盤を経由してお腹の赤ちゃんにも感染してしまい、
お腹の赤ちゃんの赤血球が減少していきます。
その結果、『胎児貧血』になり、重症化すると胎児水腫(赤ちゃんのむくみ)が
ひどくなって亡くなってしまうこともあります。

妊娠初期、妊娠20週未満の場合は、りんご病に注意が必要です。

特に妊娠20週未満の妊婦さんがりんご病に感染するとリスクが高くなります。
妊婦さん自身が抗体を持っているかどうかは血液検査ですぐわかります。
もし抗体を持っていなくても早い対応ができますので、心配になったら
必ず産婦人科のDr.に相談しましょう。
心配事は、リンゴ病でなくてもお腹の赤ちゃんに良くないですからね。
りんご病の症状が出ず、風邪と似たような症状しか出なかった場合は
気づくのが難しい病気ですので、かからないように予防することが重要です。

リンゴ病 予防法は?

現在、リンゴ病のワクチンはありません。
かかってしまった場合の治療法は、対症療法となります。
症状をやわらげる薬を飲む、またはかゆみを抑える塗り薬をつけて
安静にして自然治癒を待ちます。

予防法としては
手洗い、うがい、そして、マスクで感染を防ぎましょう。
流行が始まったら、不用意に人が集まるような場所へ出かけない。
手すりやドアノブはまめに消毒するなどする。
というのも予防法としては有効です。

筆者が妊娠していた時は、風疹も流行していたので
冬の間は、ずっとマスクをしていて、買い物も人が少ない午前中に行き、
消毒液は小さいものを持ち歩いていましたね。
< 家族団らんの場も、マスクをしていました。 なぜって?家族は外で仕事していますから、もし万が一ウイルスなどを 持ち帰って来たら、そこで感染するからです。 高齢出産ということもあって、免疫力に自信がなかったというのが 一番の理由ですけど(^^;)

まとめ

りんご病は、お子さんには軽度でも、お腹の赤ちゃんには
リスクの高い病気です。
慣れるまでは面倒な気がするのですがマスク、うがい・手洗いを
こまめにしましょう。
元気な赤ちゃんに会いたいですものね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 子育て・教育 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

赤ちゃんが泣き止まない 使えるワザはコレ!

スポンサードリンク いつ、どこで泣き出すかわからない赤ちゃん。 公共の場所では、 …

花火大会  赤ちゃんは大丈夫?音の影響は?行くなら何歳から?

スポンサードリンク ベビーカーでお出かけが出来るようになってきた赤ちゃん。 初め …

入園準備 全部に名前を書く理由は?保育士が見やすい場所はココ!

スポンサードリンク 年が明けると入園許可の通知が到着。 嬉しい知らせと共に入園準 …

自由研究 小学生低学年 選び方は?まとめ方は?

スポンサードリンク 夏休みの宿題「自由研究」 低学年の子供って、どんな事ができる …

赤ちゃん 冬の布団の掛け方は?パジャマの着せ方は?暖房は?

スポンサードリンク 赤ちゃんって、寝返りはまだでもちょっと動けるようになると 布 …

内祝いはいつまで?準備は?親や友人へ選び方のコツ

スポンサードリンク 出産祝いのお礼に贈る「内祝い」は、センスのいいギフトを選びた …

ひまわりの種 取る時期や取り方は?種の保存方法は?食べてもいい?

スポンサードリンク 夏の花と言えば「ひまわり」 暑い夏ほどひまわりは良く育ちます …

赤ちゃんの読み聞かせ いつから始める?選び方は?オススメの本は?

スポンサードリンク 赤ちゃんや幼児がいるママさん。 お子さんに読み聞かせしてあげ …

1日で出来る自由研究 小学低学年でオススメは?5円玉磨き 

スポンサードリンク お盆も終わり夏休みも後半戦ですね。 自由研究まだなの?!!な …

ノロウイルス予防 お子さんが喜ぶ手洗い歌&正しいうがいの方法とは?

スポンサードリンク 「手洗い」「うがい」は、様々な感染症を予防するためにとても効 …