くるっと日和

Just another WordPress site

ノロウイルス予防 お子さんが喜ぶ手洗い歌&正しいうがいの方法とは?

      2017/05/11

「手洗い」「うがい」は、様々な感染症を予防するためにとても効果的です。
お子さんにはぜひ習慣付けしたいですね。
今回は、筆者が勤務していた時に子供達と一緒にやっていた手洗いの方法をご紹介します。
正しいうがいも一緒に覚えてしまいましょう。

スポンサードリンク

正しい手洗いの方法

インフルエンザやノロウイルスなどのウイルス対策として、手洗いが有効とされています。
ただし、ささっと手を濡らすだけではNGです。
手洗いにかけるとよいと推奨されているのは30秒です。

  1. 手のひらをあわせて、5秒間洗う
  2. 手の甲を伸ばすように、5秒間洗う
  3. 指先やつめの間も、渦を描くように5秒間洗う
  4. 指の間も十分に、5秒間洗う
  5. 親指を手のひらでねじるように5秒間洗う
  6. 手首も忘れずに、5秒間洗う

以上のように、手をしっかり洗ったら、ココからがもっと重要です。
石けんによってウイルスが退治されたわけではないからです。
石けんによって手から浮き上がったウイルスを、水で洗い落とすことが必要となります。
しっかりと流水でウイルスと石けんを洗い流しましょう。
10秒以上が望ましいと言われています。

お子さんが小さい場合や手洗いがまだ習慣化していない場合
「はい!何秒手のひらをこすって!」といっても
楽しくないし、面倒だしで習慣付けに苦労しますね。
そんな時には、「手洗いの歌」動画がオススメです。

お子さんは視覚優位なことがあるので、楽しみながら
動作を覚えると早く身に付きます。
たくさんの動画がありますが、ココでは筆者が自分でも
覚えやすかったものを2つご紹介します。

花王ビオレ「あわあわてあらいのうた」

ビオレ「あわあわ手洗いのうた」は、軽快なリズムと
童話の物語のような歌詞が覚えやすいのがオススメ。
楽しく行うことができるため、お子さんにはもってこいです。
歌も覚えやすいので、ママがいつでも歌ってあげられるのも◎。
「あわあわ手洗いのうた」は、
本編、練習編、絵本編などバージョン違いがあります。
歌詞もダウンロードできます。
詳しくは花王ホームページにてご確認ください。
http://www.kao.co.jp/biore/biore-u/hand/song/

正しいうがいの仕方

次に、予防として有効なのがうがいですね。
このうがい。
正しい手順で行わないと効果が半減してしまうってご存知でしたか?

スポンサードリンク

外出から帰ったら、まず
うがいと手洗いどちらを先にしますか?
もし、うがいを先にしているならNGです。
うがいの前に手を洗いをまずします。
手を洗わずにうがいをしてしまうと菌がコップや水から入り込んでくる可能性があるのです。

うがいの前には手洗いを習慣づけましょう。

次に うがい前に口をゆすぎます。
うがいをするときも「ガラガラッ」といきなり音を立てないようにします。
まず、うがい液や水を口に含みましょう。口に含んだ液体を「グジュグジュ」と口全体でゆすいでから吐き出します。口の中にはさまざまな菌が入るのできれいにすることが重要です。1度で口全体の違和感を取れない場合は何度かゆすぎましょう。

発声うがいをする
水を口に含んで、上を向きましょう。
そして、口をちょっと開けて「オ~」と発音しながらうがいをします。
声を震わすことで喉の奥へと液体を届けます。
大声は出さなくてもいいのですが
しっかりと発音しながらうがいをしましょう。

水を吐き出すのはいつ?
うがいって、ぐちゅぐちゅしたり、オ~とやったり
いったいいつまですればいいのか迷いませんか?
1回のうがいの目安は、
口に含んだ水から冷たさがなくなったら吐き出しましょう。
だいたい5秒〜8秒でぬるくなると思います。
うがいは1度では効果が出ません。
最低は3回ほど行うようにしましょう。

うがいの効果をより高めるには?

イソジン液でうがいをする。
イソジンを数滴たらした水でうがいをすると効果高まります。
のどが以外がしている時にもイソジンがオススメです。
筆者は風邪をひいてのどが痛くなると耳鼻科に通院するのですが
必ずといっていいほど、イソジンも処方されます。
毎日続けると違いが出てきますよ。

緑茶でうがいする
緑茶に入っているカテキンが、高い殺菌能力あると期待されています。
しかし、体に入って増殖を始めてしまったウイルスなどに効果がありません。
あくまでも予防策としてのうがいとなります。

まとめ

手洗い・うがいは外出から家に帰ったときにおこなうのが
最も効果的とされています。
外で出会ってしまった菌を洗い流しましょう。
また、うがいは以下の後も効果が期待できます。

  • 人混みの中に入ったあと
  • 空気が乾燥しているとき
  • 食事の前後
  • タバコを吸ったあと

うがいは簡単な方法でさまざまな症状への予防となる習慣です。
歯周病や口臭などが気になる人にも効果があるそうですよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 子育て・教育 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

運動会で速く走るコツ。1週間前の練習ポイント4と声のかけ方

2学期も始まり、いよいよ運動会シーズンです。 運動会の目玉といえば、個人種目の徒 …

赤ちゃん夏の暑さ対策 冷房はつける?設定温度は?寝る時は? 

まだ梅雨にも入っていないのに毎年5月になると急に暑くなります。 体温調整がうまく …

保育園入園式 0〜2歳児の服装は?ママは?先生に聞いてきました!

年度途中からでも様々な理由で入園することが可能な保育園ですが 4月から入園すると …

紫外線対策、赤ちゃんの日焼け止めは?オススメは?どこにつける?

風も少なく天気がよかったので、娘と一緒にお庭へ出ました。日差し強いな〜。そのとき …

10日間でできる自由研究 カイワレ大根の観察 

夏休みで悩むのは自由研究ですよね。 できるだけ安く簡単に、でも確実に結果を出した …

1日で出来る自由研究 小学低学年でオススメは?5円玉磨き 

お盆も終わり夏休みも後半戦ですね。 自由研究まだなの?!!なんてご家庭もあるので …

花火大会  赤ちゃんは大丈夫?音の影響は?行くなら何歳から?

ベビーカーでお出かけが出来るようになってきた赤ちゃん。 初めての夏。いろいろなと …

幼稚園 運動会お弁当のおかずは? 義父母がいる場合は?

幼稚園の運動会に持っていくお弁当のおかず 家族だけなら子どもに会わせればいいです …

ひまわりの種 取る時期や取り方は?種の保存方法は?食べてもいい?

夏の花と言えば「ひまわり」 暑い夏ほどひまわりは良く育ちますね。 すると出来るの …

赤ちゃんと旅行いつからOK?移動手段は?持ち物は?

妊娠、出産、そして子育て。 赤ちゃん中心の生活をしていると、いろいろ制限も多く、 …