くるっと日和

Just another WordPress site

ぶきっちょママにもできる!卒業・入学式の髪型 女の子編

      2017/05/11

スポンサードリンク

お子さんの卒業・入学、おめでとうございます。
晴れの門出。
可愛らしいお子さんヘアアレンジでさらに輝かせたいですよね。
筆者は、ちょっと不器用なので凝ったヘアアレンジはうまくできません(T^T)
今回は、ぶきっちょママにもできる!卒業・入学式の髪型 女の子編を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

子供のヘアアレンジのポイントは?

小さいお子さんの髪は細いことと、ヘアアレンジ中に飽きてしまい動くので
大人のようにスムーズにはいきません。

アレンジが無事にできても、かわいらしくできたのでうれしくなり、
走り回ったり、ぶつけたり、髪留めをいじったりして崩れがちです。
式の間、髪の毛がぐしゃぐしゃなのは、かわいそうです。

子供のヘアアレンジのポイント
1、アレンジ時間が短いこと
2、崩れにくいこと
3、崩れてもすぐに直せること
この3つを念頭において、髪型を選びましょう。
注意!!
編み込みは結構難しいです。
気に入らなくて直しをすると、時間が余計かかるので、
ぶきっちょママは避けた方が無難です。
筆者は、きれいに編み込みできません(T^T)

まず下準備

ヘアワックスをつける
子供の髪には普段使わないと思いますが、今日、式の間だけは髪型をキープしたいので、
髪の毛にワックスをもみこんでから始めましょう。
ママが使っているものでOK!
付け過ぎは禁物です。
仕上がりで襟足の乱れが気になる場合は、さっとスプレーを一吹きしましょう。

ぶきっちょママでも簡単!ヘアアレンジ

簡単なのにかわいいアレンジのご紹介です。

カチューシャをつかう

カチューシャは、デザイン雰囲気が変わるアイテムなので、
ヘアアレンジが苦手ならオススメです。
ヘアが落ちてくることも防げます。

例えば・・・
ムース等を前髪につけて7:3に分けて、おでこを出してすっきりさせます。
後ろはカーラーやコテを使って、毛先をワンカールさせてあげましょう。
服がフォーマルなので、カチューシャはベルベットや
パールが入っているものでもかわいいです。

では、ここから筆者がいつも参考にしてる動画をご紹介します。
これがなかったらぶきっちょな筆者は娘のヘアアレンジに目覚めることができませんでした(^^)

1、ギブソンタック

ポニーテールの応用アレンジです。
簡単で可愛いので、オススメで、これは筆者も簡単なのでお気に入りです。
髪留め次第で和風にも洋風にもなる髪型ですので、およばれや浴衣姿にも使えます。

ギブソンタック その1

ギブソンタック その2
筆者はこれが好きです。

ギブソンタック その3
これは浴衣姿にも合います。
髪飾りは和物を選んでくださいね。

2、お団子ヘア

高い位置でのお団子ヘアに、和風髪飾りをつけるアレンジです。
お団子ってなかなか難しいのですが、ポニーテールした部分に100円均一で売っている土台ドーナツ(フワフワなシュシュ、またはフワフワなヘアゴム)を重ねてから、舞巻いていくとふわっと出来ます。

3、ミッキー・ヘア

高い位置で2つにしばり、逆毛をたてて(または土台を使って)
ポニーテールの根元にぐるぐると巻き付けて、ユーピンでとめます。

ミッキーヘアは肩に届かない長さでもできます。
その場合は下半分の髪の毛はおろして、上の部分をツインテールにします。
お団子の前に赤いリボンを付けるとミニーちゃんみたいになります。

ただし、幼児の場合は、髪の毛がやわらかく細いので向いていません。
動くのですぐ崩れます。

ミッキーにする場合は、スプレーをしっかり目に使います。
スプレーが嫌な場合は、ツインテールにして小さなお団子ヘアをつくり
その上にウィッグつけてボリュームを出してみましょう。

まとめ

ヘアアレンジ中、子供は動きます。
ある程度大きなお姉ちゃんならじっとしていられますが、
飽きるかな?
とママが判断したら、イスに座らせてお子さんの好きな絵本や
DVDを見せてあげるとやりやすいです。
それから結んでいる間に頭が傾いてくるので
その都度、頭の位置を確認して結び目の高さを調整してくださいね。
発表会や浴衣にも使えるので、チャレンジしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 子育て・教育 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

簡単おやつ 子供と一緒にできるレシピ クッキー編

スポンサードリンク 食べたくなったら すぐに作れるオヤツ何かないかしら? しかも …

自由研究 大学で無料イベントは?小学生向きは?首都圏オススメは?

スポンサードリンク 夏休みですね〜。 小学生の夏休みと言えば自由研究がありますが …

幼稚園 運動会お弁当のおかずは? 義父母がいる場合は?

スポンサードリンク 幼稚園の運動会に持っていくお弁当のおかず 家族だけなら子ども …

赤ちゃんと旅行いつからOK?移動手段は?持ち物は?

スポンサードリンク 妊娠、出産、そして子育て。 赤ちゃん中心の生活をしていると、 …

七五三 女の子 簡単!可愛く決まる髪型アイデア7選

スポンサードリンク 七五三は子供の健やかな成長を望み、 新たな節目を迎える子供を …

赤ちゃんの読み聞かせ いつから始める?選び方は?オススメの本は?

スポンサードリンク 赤ちゃんや幼児がいるママさん。 お子さんに読み聞かせしてあげ …

ひまわりの種 取る時期や取り方は?種の保存方法は?食べてもいい?

スポンサードリンク 夏の花と言えば「ひまわり」 暑い夏ほどひまわりは良く育ちます …

紫外線対策、赤ちゃんの日焼け止めは?オススメは?どこにつける?

スポンサードリンク 風も少なく天気がよかったので、娘と一緒にお庭へ出ました。日差 …

修学旅行サブバッグの選び方は?小・中・高でおすすめは?

スポンサードリンク 修学旅行には、お泊まりセットを入れて運ぶためのキャリーバッグ …

運動会で速く走るコツ。1週間前の練習ポイント4と声のかけ方

スポンサードリンク 2学期も始まり、いよいよ運動会シーズンです。 運動会の目玉と …