くるっと日和

Just another WordPress site

お彼岸 おはぎ?ぼたもち?その違いって何?いつ食べるの?

      2017/05/11

お彼岸には春と秋がありますね。
そのお彼岸といえば「炊いた餅米を丸くして餡にくるんだ」あの和菓子がお供え物として有名ですね。
これ、みなさんなんと呼んでいますか?
今回は、お彼岸 おはぎ?ぼたもち?その違いって何?いつ食べるの?をまとめました。

スポンサードリンク

お彼岸 おはぎ?ぼたもち?その違いって何?

今回は、この和菓子のおはなしです。
ohagi01

ご存知だと思いますが、お彼岸は毎年2回あります。
春のお彼岸 春分の日(3/20~3/21頃)の祝日を中心の日とした、前後3日の計7日間。
秋のお彼岸 秋分の日(9/22~9/24頃)の祝日を中心の日とした、前後3日の計7日間。

2016年の春分の日と秋分の日は
3月20日(日)
9月22日(木)

となります。

なぜこの週間が、お墓参りをする日となったのかというと
仏教では、太陽が登る「東」を生きている私たちの世界「現世」と考え、
太陽が沈む「西」を亡くなった故人の世界と考えます。
「その故人への想いが一番通じやすい」と考えられている日が、
太陽が真東から登り真西へ沈む、そして、昼と夜が同じ12時間の日
つまり、春分の日と秋分の日だったのです。
【関連記事】

最近のスーパーなどでは、どちらのお彼岸でも「おはぎ」
と言う商品名で売られていますが、正確には違います。

春のお彼岸 ぼたもち
秋のお彼岸 おはぎ

これが正しいお供え物の名称です。
基本的に材料もほぼ同じ食べ物なのですが、何が違うか?

どちらも 季節の花の名前 に由来しています。

春は牡丹の花が咲きますね。
botan01
3月のお彼岸時期に咲く牡丹に見立てたと言われています。
ぼた餅を漢字にすると「牡丹餅」
分かりやすいですね。
形もあって、牡丹の花に似せて丸々した大きな形なんですよ。

秋は、萩が咲きます。
hagi
9月のお彼岸時期に咲く萩の花に見立てた言われています。
こちらも漢字にすると「御萩」です。
おはぎの形は、萩の花に似せて細長く小ぶりの俵形です。

江戸時代中期に編纂された日本の類書『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』(編:寺島良安)の中に
『牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく』
小豆の色の赤色と、春の花の牡丹と秋の花の萩が同じ色。
牡丹は丸くて大きな花なので、ぼた餅も大きく丸い形。
萩の花は細くて小さな花なので、おはぎも小さく細長い形。
とあります。

それともう1つ。あんこの違いがあります。
「こしあん」なのか「粒あん」なのかです。

スポンサードリンク

え?それって好みの問題じゃないの?
実は違うのです。

小豆の種蒔き時期は春4~6月で、収穫は9~11月です。
秋のお彼岸は9月です。
収穫したての小豆を使って、おはぎを作ります。
新鮮な小豆ですから、皮も柔らかいので、皮ごとつぶして調理して「つぶあん」として食べます。
一方、3月春のお彼岸まで、つまり冬を越した小豆は、乾燥して皮も固くなるので
茹でた小豆を濾して皮を取りのぞき、なめらかな「こしあん」にしていました。

なので
春のお彼岸では、ぼたもちは、こしあん
秋のお彼岸では、おはぎ は、つぶあん
 が本来なら正しいのです。

お彼岸で食べるのはなぜ?

江戸時代初期は、砂糖は高級品でした。
(江戸時代後期には、普段から食べられるようになります)
文献などでみると普段庶民が口にできる甘い物といえば
「木の実」「干し柿」「さつまいも」「はちみつ」「水飴」が多かったようです。

なので希少な砂糖を使ったおはぎは、大切な日や大きな節目、
大切な人へ振る舞う時の食べ物として別格扱いだったのですね。

そういえば、「となりのトトロ」で、さつきちゃんたちが引っ越して来た時も
隣のおばあちゃん家から、手作りおはぎが届けられていましたね。
引っ越しという大きな節目だったからなのでしょう。
あのおはぎがとっても美味しそうなんですよね。

さて、話を戻しますが、昔は「小豆の赤い色には魔除けの効果がある」と信じられていました。
邪気を払う食べ物として先祖様への供養に使われていたのです。
大切なお彼岸に、魔除け効果のある小豆に高級な砂糖を使い
ご先祖様にお供えして邪気払いや願いを祈っていたのですね。

いつ食べるの?

基本的にお彼岸の(おはぎ・ぼたもち)は、
お彼岸の期間内であれば、いつ食べても構わないものとされています。
ですが、本来的には
お彼岸の中日に食べます。
つまり、春分の日・秋分の日です。

これは毎日備える必要はありません。 
一度だけ供えればOKです。
 
お彼岸の中日である春分・秋分の日に
お供え物の(おはぎ・ぼたもち)を
食べることは、最もご先祖様への供養として
意義があるのでしょうね。
 

まとめ

いかがでしたか?
春のお彼岸 ぼたもち
秋のお彼岸 おはぎ

ぼたもちは、こしあんで、形も牡丹に似せて丸々した大きな形。
おはぎは、つぶあんで、萩の花に似せて細長く小ぶりの俵形。

現代は家で作ることも少なくなりましたね。
筆者宅も祖母が亡くなってからは作っていません。
祖母に丸め方を教えてもらったのが懐かしいです。
今年はそんなことを思いつつお供えしてみたいと思います。

おはぎ・ぼたもちを購入する際は、つぶあんとこしあんの差
ちょっとこだわってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新盆 服装は?香典の熨斗名や相場は?挨拶の仕方は?

身内が亡くなって初めて迎えるのが新盆(初盆)です。 新盆法要には、親族や故人と親 …

内祝いはいつまで?準備は?親や友人へ選び方のコツ

出産祝いのお礼に贈る「内祝い」は、センスのいいギフトを選びたい! 内祝いの準備は …

お盆、精霊馬、仏壇のご飯、お供え物の後始末は?

お盆で使った果物や精霊馬の後始末で悩むことありませんか? 仏壇に供えたご飯は、パ …

友人の結婚式を欠席 ご祝儀は必要?相場は?いつ渡すの?

友人の結婚式の招待を受けたけど、残念ながら都合が悪く欠席。 そんな時に悩むのがご …

成人式祝い 甥姪の場合 相場は?いつ渡す?祝儀名は?

1月の第2月曜日には、成人式がありますね。 今年成人式を迎えた甥・姪にお祝いを渡 …

喪中の年末年始の過ごし方 おせち料理は?初詣は?お年玉は?

家族に不幸があった場合、喪中なので年賀状を出さないというのは 一般常識になってい …

甥・姪への入学祝い 相場は?学齢別は?いつ渡す?

寒い季節、卒業シーズンが過ぎるとやってくるのが進学。 3月になると入学祝いを準備 …

お中元はいつ贈る?相手が喪中でも大丈夫?予算と選び方は?

お世話になったあの人への日頃の感謝の意を込めて贈るお中元。 お中元は慣習的な贈答 …

喪中はがき 妻の祖父母の場合は必要?送る範囲は?書き方は?

お嫁に出てしまったけど、大好きなおばあちゃんが亡くなった。 自分の実家でお葬式が …

出産祝い 2人目の場合は?相場は?プレゼントなら?

友人の出産は喜ばしいことですが、2人目以降のお子さんが生まれた場合は、 出産祝い …