くるっと日和

Just another WordPress site

ランドセル選び方のコツは?いつ買う?お得な季節は?

      2017/05/12

スポンサードリンク

幼稚園年長さんの子供さんを持つママさんにとって、
卒園とともに気にかかるのはランドセルではないでしょうか?
筆者宅はまだ幼稚園にも行っていないのでずいぶん先なのですが、
ショッピングモールに行くたびに
今は昔と違って軽〜い!わぁ刺繍も入ってるけど〜(@@)
色もこんなに種類があって、どうやって選べばいいの〜って、驚いてしまいます。
6年間使うから、何を基準にどう選べばいいのか?
お得に購入するにはどうすればいいのか?
ということをまとめましたのでご紹介します。

スポンサードリンク

ランドセルを選ぶときのコツは?

ランドセル選びのポイントは以下のとおりです。

ランドセル選びのポイント
・背負ったときに背中にフィットする
・肩ベルトが別々に動く
・背中のクッションに凹凸がある(通気性がよく背負い心地がよい)
・大き目の教科書やA4サイズのファイルがらくらく入る収納性
・6年間の保証がついている
結構6年間は長いものです。
何があるかわかりませんから、保証は確認しておきましょう。

男の子がいる友人に聞いたところ
1番重視した方がいいのは、「できるだけ頑丈で、荷物がしっかり入るもの」だそうです。
ランドセルを投げたり、踏んだり、給食袋や教科書やプリントを無理矢理つめてきたり・・・成長するにつれ扱いが雑になっていくそうです。女の子も結構やんちゃなので、頑丈で荷物が入るは基本でしょう(^^;)。

ランドセル、いつ買う?

リサーチはいつから?

実はランドセルは、海外セレブや中国の富裕層に人気があります。
なので1年中販売されています。
ですが、人気ランドセルは早々に売れきれてしまうため、購入時期は年を追うごとに早まってきていて、
早いママは、幼稚園年中さんになった頃から、商品のリサーチを開始するんだそうです。

毎年、一般的なランドセル業界の新作発表は6月ごろからになります。
新作や人気商品を狙っている場合は、リサーチを開始するのは6月〜8月がオススメです。

一番売れているのはいつ?

まず8月のお盆期間に第1弾のキャンペーンが始まります。
帰省でおじいちゃん・おばあちゃんがプレゼントするんですね。
最近のランドセル商戦のターゲットはシニア世代です。
10月頃から翌年の1月頃が最盛期です。
1月を過ぎると人気のランドセルは売り切れて、種類がガクンと減ってしまいます。

お得な季節はいつ?

・早割り
飛行機予約に早割があるように、ランドセルにも、早割りがあって、早い時期に購入すると割り引いてくれます。
お店によりますが、だいたい20%〜30%前後割り引かれます。
メーカーによって設定が違いますが

超早割 〜7月中旬まで
早割  7月下旬〜11月末
通常  12月〜
以上が目安です。

お得なのはお店だけではありません。
・幼稚園の団体割引
幼稚園の年長さんになると幼稚園からプリントが配られます。時期は上記のメーカー早割に似ています。
・メリットはお店まで足を運ばなくても、新作を安く購入できる点。園によっては一定期間見本を展示してくれるところも。
・デメリットはそのカタログからしか選べないという点です。

ディスカウントショップ
シーズンが過ぎてから型落ちを狙うという手もあります。
先ほども触れましたが、外国人にランドセルは人気があるため、免税店やディスカウントショップに型落ちが置いてある場合もあります。お店次第ですが、30000円のものが、9800円ぐらいで販売しているケースもあります。
筆者は会員制倉庫型スーパー(^^;)で、ランドセルを見かけたことがあります。その時は20,000円ぐらいでした。色は2種類でした。
型落ちを購入する時には、保証がいつからいつまでなのかを必ず確認してくださいね。
メーカーによっては、早い時期に保証が切れることもあるし、保証がない場合もあります。

結局いつから考えればいいのか?

1、まず6月ごろから新作リサーチを開始
2、早割を使うなら9月までにランドセルを決定する
3、通常購入の場合も12月までには商品の絞り込みをする
4、1月にはランドセルを決めて、希望のものがみつかれば購入する。
祖父母が購入するといっている場合に備え、リサーチと購入プランをたてるとよいでしょう。

まとめ

いいものを安く買いたい!というのは、誰もが思うことです。
人気のある商品を狙うなら早割か団体割引がオススメです。
ランドセルは、保管(湿気など)に問題がなければ1年置いておいても大丈夫だと思いますよ。
なにしろ6年つかうものですからお子さんとじっくり考えてください(^^)
ランドセル選びが親子のコミュニケーションになるといいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 子育て・教育 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

幼稚園のお弁当 年少の量は?中身の割合は?小食の場合は?

スポンサードリンク 幼稚園にこれから通う場合「毎日お弁当持ち」という子もいらっし …

赤ちゃん 冬の布団の掛け方は?パジャマの着せ方は?暖房は?

スポンサードリンク 赤ちゃんって、寝返りはまだでもちょっと動けるようになると 布 …

保育園 入園前説明会 ママの服装は?持ち物は?写真撮影もある?

スポンサードリンク 入園許可が降りて、保育園の説明会へ。 さて、入園式ならフォー …

子供の熱中症、症状・チェック方法は?スポーツ時の予防方法は?

スポンサードリンク 最近は1学期中に運動会やスポーツ大会などの行事を行うことが多 …

七五三 妊婦ママの服装は?髪型は?アクセや靴は?

スポンサードリンク 七五三でママの服装、後になりがちですね。 そして次のお子さん …

入園準備 全部に名前を書く理由は?保育士が見やすい場所はココ!

スポンサードリンク 年が明けると入園許可の通知が到着。 嬉しい知らせと共に入園準 …

ぶきっちょママにもできる!卒業・入学式の髪型 女の子編

スポンサードリンク お子さんの卒業・入学、おめでとうございます。 晴れの門出。 …

赤ちゃんの読み聞かせ いつから始める?選び方は?オススメの本は?

スポンサードリンク 赤ちゃんや幼児がいるママさん。 お子さんに読み聞かせしてあげ …

赤ちゃんが泣き止まない 使えるワザはコレ!

スポンサードリンク いつ、どこで泣き出すかわからない赤ちゃん。 公共の場所では、 …

頭のいい子に育つと評判 知育玩具Cuboroって?口コミは?

スポンサードリンク 最近、子育てで話題と言えば 3人の子供を東大に入れたママの話 …