くるっと日和

Just another WordPress site

トイレの節水はやってはいけない!安全な節水の方法とは?

      2017/05/11

実は、我が家で30年使っていた水洗トイレが壊れたんですよ。
水がちょろちょろと止まらなくて水道料金1.7倍!(T^T)
で、取り替えた訳ですが、その時に世間話で業者さんから聞いた
トイレの節水でやってはいけないことをまとめました。

スポンサードリンク

トイレの節水はやってはいけない!

「生活費、節約しよう」
そう思って、まずどこを節約しようと思います?
食費か水道料ではないでしょうか?
食費は工夫すれば、人数によりますが一万円台にすることは可能です。
では、水道料は?
場所別の水道使用量を見てみると

トイレ 28%
お風呂 24%
キッチン 23%
洗濯 17%
手洗いなど 8%

以上のような割合になるそうです。   

トイレが1番水を使用していますね。
そうか!じゃ、トイレの節水をすれば水道料が抑えられるな?
【対策】

  • トイレタンクにペットボトルを入れてかさを増す。
  • 節水グッズを取り付けて、排水を減らそう。
  • 思った方は注意が必要なんだそうですよ。

    業者さんがいうには
    「水洗トイレの節水は故障のもと」

    トイレの節水は危険?!その理由

    トイレの排水は、ただ便器から汚物を流せればいい。
    というわけではなく、
    『便器から流れ出た後に、排水管を通り10メートル以上流されないといけない』
    という基準があるのです。
    10m以上流れないと排泄物によって配管詰まりが起こってしまったり
    配管破損の原因になってしまうのです。

    水洗トイレは、水を溜めるタンクと便器がセットです。
    各メーカーごとに、このタイプの便器には、
    何リットルの水を使用すれば最後まで流れるか?という
    通水テストを行って商品化しています。
    この使用水量を減らすことは、今の節水にはなる。
    でも、部品の劣化や配管の破損、配管詰まりなど
    余分な修理代が必要になるリスクが高まるのです。

    業者さん曰く
    「トイレが詰まった。」と言われ修理にいくと
    だいたいの家庭のトイレタンクにを節水しようとした形跡があるそうです。

    やってはいけないトイレの節水方法をあげてみます。

    • タンクに水の入ったビール瓶、ペットボトルを入れる
    • フロートに節水弁をつける
    • ロスカットなどの節水グッズをつける

    これらを行うとトイレの故障の原因になります。

    スポンサードリンク

    安全な節水の方法とは?

    では、正しいトイレの節水方法は、どのようなものなのでしょうか?

    1、大小レバーの使い分けをする。
    思い返してください。
    トイレに入って、用をたして水を流すとき、レバーは何を押していますか?
    (自動の場合は除く)
    ついつい手前に回す「大」の方にしていませんか?
    そう、レバー式の場合、「小」は後ろに回さないといけないので
    つい面倒で手前の「大」に引いてしまうのです。
    このレバーの「大」「小」使い分けは、使い分けしていないというアンケート結果がトイレメーカーにあがっているそうです。
    小のみの場合、レバーの「小」を使用する事で、
    13リットルタンクの場合は、1回7リットルの節約になります。
    これを積み重なると、かなり大きな節約になりますね。
    実は、生活習慣をちょっと工夫すれば節水は出来るのです。

    ただし、女性の場合は、トイレットペーパーを使うので、
    大量に使ってしまった場合は、流れないので「大」を使った方がいい場合もあるそうです。
    トイレットペーパー使用量も工夫すればより節水になりますね。

    2、節水エコタイプのトイレ変える
    古いトイレの場合、13リットルタンクが多いですね。
    最新のエコタイプの便器になると、通水量たった4.8リットル!
    メーカーの話を聞いた時に言っていたのは
    「13リットルタンクのトイレを 4.8リットルタンクにすると
    年間2万円は水道代の節約になる」ということです。
    節水型トイレは安くて58,000円〜です。

    筆者宅はどうしたか?
    使えば水が止まらないし
    (排水を停めればいいのでは?という気もしたのですが
    よく分からないし、壊してもっとひどくすると困るので止めました)

    緊急だったこともあり
    近所の金物屋さんに発注したので工事費込みで14万かかりました(^^;)
    もっとよく計画を立てて、トイレの型落ちとか探して
    工事費だけにすればもっと安く済みましたね。
    ちなみにトイレの寿命は、昔のタイプなら15年〜20年を目安に
    買い替えを考えた方がいいそうです。
    なぜかというと、古いタイプは製造中止になるので
    その水洗トイレの部品がなくなります。
    すると修理ができなくなるそうです。

    まとめ

    間違ったトイレ節水は、トイレが詰まりやすくする原因になります。
    筆者宅のように古い水洗トイレを使っているなら
    節水型トイレに取り替えることも節水の1案かもしれませんね。
    最後までお読みいただきありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 美容・健康・対策

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    衣類の泥汚れ 落ちにくい理由は?効果的に落とすには?

    部活やスポーツチームに参加しているお子さんを持つママにとって頭を悩ますのが、 「 …

    室内にアリが発生!赤ちゃんがいても安全な駆除方法は?

    朝起きるとキッチンに黒い固まりが。 なんだろう?と目を凝らすと・・・アリじゃあり …

    熱中症対策 飴は効果ある?一日になめていい量は?

    熱中症対策アメ。 効果があると言われていますが本当に大丈夫なのでしょうか? 特に …

    熱中症対策 扇風機で素早く部屋を冷やす方法は?

    急に暑くなり、熱中症になりそうな予感がしてきました。 さて、熱中症は部屋でなる確 …

    乳がん検診マンモグラフィー 痛みを軽減するには?何歳まで受ける?

    乳がん検診で、マンモグラフィーを受ける時のメリットは、 見つけることが困難な、小 …

    はやり目とものもらいは違う!感染するのは?予防策は?

    子供がかかる「目の病気」はいろいろありますが、 よく耳にするは、「はやり目」と「 …

    お盆中のケガ病気。病院を探す方法は?救急に行く時の注意点は?

    帰省しているときに、子供が発熱! キャンプにでかけたら、ケガをした! 急に虫歯が …

    下駄 靴擦れの応急処置は?お手かけ前の靴擦れ予防の方法は?

    浴衣と言えば、下駄。 特に夏は浴衣を着る機会も多くなり下駄の出番も増えるはず。 …

    夏に停電!赤ちゃんの暑さ対策は?冷蔵庫は?備えは?

    最近では異常気象による落雷や突発的に停電になることもありますよね。 そこで、今回 …

    禁煙外来のメリットって?いくらかかる?病院へ行く頻度は?

    「タバコをやめよう」とも思うけど、「長く続かないし…」 「もったいないからこの一 …