くるっと日和

Just another WordPress site

こいのぼり 出す時期は?雨の日ってどうする?しまう時期は?

      2017/05/11

スポンサードリンク

ゴールデンウィークが近づくと鯉のぼりを見かけるようになりますね。
この鯉のぼりは、いつから出せばいいのでしょうか?
縁起のいい日があれば、その日に飾りたいですよね。
今回は、こいのぼり 出す時期は?雨の日ってどうする?しまう時期は?をまとめました。

スポンサードリンク

こいのぼり 出す時期は?

行事ごとに詳しい(厳しいともいう)80歳の祖父にきいたところ。
「春分の日以降であれば鯉のぼりはあげていいんだ。」
とのこと。

え?春分の日って3月下旬(2016年は3月20日)ですけど?
そんなに早くから出していいの?

節句は季節の節目ですので、できればその節目で
飾ったり上げたりするのが望ましいそうです。
なので、春を告げる 春分の日をすぎれば
もう暦では春なので
鯉のぼりを出していいことになります。

ですが、あまり早く出してしまうと、周囲との兼ね合いもありますので
1家族だけ浮いてしまいますね。
全国的な平均では4月中旬から下旬にあげるのが多いようですので
それを目安に飾りましょう。

飾る日柄(大安吉日)は、あまりこだわらなくても大丈夫です。

また、大きな鯉のぼりは支柱を立てますよね。
4月中には春の土用があり、その期間は【土を起こしてはいけない】
ということになっていますので、もし新しく立てる場合は
春の土用も気になさってみてください。

雨の日にも飾っておいて大丈夫なのか?

4月は以外と雨の多い季節でもあります。
早めに飾ってしまうと雨に濡れることもありますね。
鯉のぼりには、

  • ポリエステル製
  • ナイロン製
  • この2種類のものがあります。
    ポリエステル製の鯉のぼりは雨で色落ちしませんが、
    ナイロン製の鯉のぼりは濡れた状態で重なってしまうと、
    稀にに色移りすることがありますので注意が必要です。

    どちらの生地の場合でも、雨で汚れがついたり、傷みが早くすすんだり
    することがあります。
    もともと外に飾ることを前提として作られている鯉のぼりですので
    雨に濡れたからすぐに痛んでしまうということはありませんが
    長持ちさせたいのであれば、雨の日は取りこんだほうがよいでしょう。

    それと雨の日の鯉のぼりってなんだか哀愁が漂っていて
    おめでたい感じしないんですよね・・・(^^;)

    最近は撥水加工の鯉のぼりも人気ですね。
    お手入れも簡単です。

    筆者の親戚では、ベランダタイプなのですが
    鯉のぼりに撥水スプレーを使用して
    飾っているそうです。
    「Never Wet NEO」というアメリカ製品でネットで購入できます。
    鯉のぼりに撥水スプレーを使うとは!と感心しました。(^^;)
    実際このスプレーは効きますよ。
    筆者も靴に使っています。
    楽天市場やAmazonで購入できます。

    しまう時期は?

    こどもの日は5月5日ですね。
    キリが良く5月5日の子供の日に片付けてしまうというのもありですが
    できればその日は最後まで飾っておきたいものです。
    それにゴールデンウィークで、お出かけもしていることもあるでしょう。
    筆者の周囲などは5月が終わるまで飾っている家もあるぐらいです。
    でも6月も近づくと梅雨で雨が多くなり、鯉のぼりが痛んでしまう原因にもなりかねません。

    では、しまえばいいのでしょうか?

    一番適しているのは、天気のいい日に片付ける。です。
    全国平均ですが、5月中旬にまでは雨もさほど降ることもなく
    お天気がいい日が続きます。

    それぐらいを目安に片付ければ、鯉のぼりのお手入れも楽ですね。
    特に大きな鯉のぼりはていれをしっかりしておかないと
    後々大変なことになりますので注意が必要です。

    まとめ

    鯉のぼりが外にあがっていると、なんだか嬉しい気持ちと
    ああ、もうすぐ夏なんだな(その前に梅雨)と感じます。
    季節を感じることができる日本の行事はいいものですね。
    最近は、鯉のぼりだけでなく「兜(かぶと)」も見直させて
    とってもかっこ良い物が増えてきていますね。
    刀剣人気のおかげでしょうか(^^)
    なんにしても、日本の文化が大切にされるのはいいことですね。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 季節・イベント・暦 , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    春のアンデルセン公園 混雑は?オススメ持ち物は?駐車場は?

    スポンサードリンク 春になりお子さんとお出かけもしやすい季節になりましたね。 元 …

    成人式 振袖って寒い?寒さを感じる箇所は?予防対策は?

    スポンサードリンク 新成人のみなさん、成人おめでとうございます。 最近の冬は暖か …

    ホワイトデー 好きな人にクッキーはNG!?その意味は?オススメ菓子は? 

    スポンサードリンク ホワイトデーのお返しはクッキーが人気ですが 実は、お菓子のお …

    花火大会2017 みんなが行きたい花火大会って?ランキング紹介

    スポンサードリンク 今年も暑い夏がやってきました。 花火大会もたくさん開催される …

    江東花火大会 交通規制は何時?混雑はどれぐらい?

    スポンサードリンク 江東花火大会は荒川で開催される人気の花火大会です。 2017 …

    熱海海上花火大会 雨天時は?駐車場は?良い観覧場所は?

    スポンサードリンク 近年、若い女子に人気の観光スポット熱海。 その熱海で開催され …

    葛飾納涼花火大会2017 見どころは?穴場スポットは?屋台やトイレは?

    スポンサードリンク オープニングがナイアガラの滝! その後も迫力満点の花火が臨場 …

    花火大会デート 選び方は?場所取りのコツは?必要なものは?

    スポンサードリンク 彼女と花火デート、初めての花火大会を選ぶと、勝手がわからずあ …

    初めてのキッザニア 効率よく体験するには?混雑予想ってできる?

    スポンサードリンク 連日、大人気の職業体験施設キッザニア お子さんだけでパビリオ …

    足立の花火大会2017 見どころは?穴場スポットは?

    スポンサードリンク 約100年の歴史があり、毎年7月下旬に開催される足立の花火大 …