くるっと日和

Just another WordPress site

市販うなぎをふっくらさせる裏技は?家にある物で簡単な温め法は?

      2017/05/11

スポンサードリンク

市販のうなぎ、どうやって食べてますか?
レンジで温めるだけだとなんだか美味しくない感じがしますね。
今回は、どうやって温めると市販パックのうなぎが美味しくなるのかをまとめました。

スポンサードリンク

市販うなぎをふっくらさせる裏技は?

結論からいいますと、うなぎをお湯で洗う のです。

ええっ味なくなっちゃうじゃん!!
心配ご無用(^^)v
付属のタレで味は元通りになりますから〜

実は、陳列されている市販うなぎにかかっているタレは、
うなぎが美味しそうに見えるための「光沢」つまり装飾です。
もちろん味が付いていてそのまま食べても美味しいのですが、
「温めて食べる」となると
この表面のタレが問題になります。
再度加熱することでタレが焦げてしまい
焦げ臭くなったり、苦みの原因になったり
うなぎの味が落ちてしまいます。

そのため、最初についている表面のタレは、一度洗い流してしまい
キッチンペーパーなどで水分を取ってから温めるのがいいのです。

【うなぎのタレの取り方】
うなぎが入る平な器やバットなどに入れて
上から80度ぐらいまでのお湯を注ぎ、
タレがある程度取れたら、取り上げてキッチンペーパーなどで
余分な水分を拭き取ります。
ほとんどの場合、うなぎを買うと付属のたれがついてきますが
ない場合は、忘れずに貰って来てくださいね。

家にある物で簡単な温め法は?

では、まず定番になってきた電子レンジでの温めではどうなのか?
レンジでそのまま加熱すると表面の水分が蒸発して美味しさが半減してしまいます。
また、加熱し過ぎるとパサパサになったり、焦げて固くなることがあります。
実は「ふっくら」という温め方には弱い家電なんですね。

そんな電子レンジですが、ふっくらに出来ない訳ではありません。
レンジに調味料をプラスしましょう。
それは、お酒です。

電子レンジでの温め方

  1. うなぎの身を上に向けて皿に乗せる
  2. うなぎ全体にお酒をふりかける
  3. 量は大さじ1杯~2杯位。これはうなぎ1匹の量です。
    お酒の量は鰻の大きさで加減してくださいね。

  4. 皿にラップをふ~んわりとかける
  5. レンジで温めをする

お酒を直接かけるのが嫌。子供がいるので無理。という場合は
平皿ではなく、少し深さのあるお皿にお酒を入れる。
そのお皿にラップをピンと貼る。
そのラップに数箇所アナをあける。
その上にうなぎをのせて、そのうえに更にふんわりラップをして同じようにレンジで温めます。

ちょっと面倒かも・・・(^^;)

そんな場合は、こちらの調理器具を使ってみてください。
こちらも基本は酒を使うのですが、水やってみましたが大丈夫でした。

フライパンでふっくら加熱

  1. うなぎの表面についているたれをお湯で流し取ります。
  2. 焦げ防止のためです。ごしごし洗わないでください

  3. ペーパーで余計な水分をとります。
  4. フライパンにうなぎをのせ、酒大さじ1杯を振りかけます。
  5. ここで酒ではなく水でも大丈夫ですよ。

  6. ふたをして蒸し焼きにする。
  7. 水分が蒸発したら出来上がりです。
    火力は中火がオススメ。時間は火力によって微妙に違いますが
    2分〜3分程度です(冷たい状態から)

一番のオススメ方法はこちら!!

魚グリルでふっくら温め

魚グリルは温度が最高400度近くまで上がります。
食材の外はパリッと、中はふんわりと焼けるのが特徴です。

やり方は、先に書いた通り、最初にうなぎのたれを洗い流して
キッチンペーペーで余計な水分を取ります。
アルミホイルで蒸し焼きしますので、
次にグリルより大きい長さでアルミホイルを用意してください。
くっつき防止の為に薄くサラダ油を敷いて、うなぎをのせます。
アルミホイルでうなぎをふんわりと包み込んで、
グリルで2分程度温めます。火力は強火でも大丈夫です。
心配なら中火で3分。
やりすぎるとアルミの中でこげますので注意してください。
あとは付属のたれをかけて、味の調整をしましょう。

まとめ

夏バテ防止として定番のうなぎ。
どうせ買ったなら、美味しくいただきたいですよね。
私も、また購入予定なので、今回書いた事以外に
美味しい温め方をもっと研究してみようと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうごさいました。

スポンサードリンク

 - 食品・保管・レシピ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

干し柿 甘柿でも作れる?作る時期は?注意する事は?

スポンサードリンク 沢山の柿をいただいて、食べきれないときってありませんか? 干 …

大根 選び方のコツは?保存方法は?冷凍はできる?

スポンサードリンク 一月の旬の野菜、大根。 煮物、おでん、サラダ、大根おろしなど …

銀杏 子どもは中毒に注意!食べていい目安は?症状が出たら?

スポンサードリンク 秋の味覚のひとつとして親しまれる『銀杏』 美味しいので、つい …

夏バテで食欲がない時にオススメ 簡単レシピ5選

スポンサードリンク 真夏の暑い日は、食欲がなくなりますね。 「食べたくない・・・ …

拾ってきた銀杏の処理は?殻の楽なむき方は?保存方法は?

スポンサードリンク 秋と言えば、イチョウと銀杏。 この銀杏、拾って来たのはいいが …

サツマイモでお腹が張る 正しい食べ方は?便秘解消レシピ付き

スポンサードリンク さつま芋は食物繊維があるから便秘に効くと言いますが、なぜか干 …

バナナの保存方法は?冷蔵は?冷凍は?バナナレシピも。

スポンサードリンク バナナは常温保存してると、すぐに黒くなっちゃいますよね。 特 …

余った冷やし中華のタレ活用法は?美味しかったレシピ7選のご紹介

スポンサードリンク 冷やし中華のタレだけが余ってしまうことはありませんか? 我が …

トウモロコシの茹で方 大きな鍋がない時は?時短テク2つの方法

スポンサードリンク とうもろこしの収穫の季節。 お店やご近所、そしてお子さんが学 …

水出しコーヒーとは?作り方は?オススメのコーヒー豆は?

スポンサードリンク 暑い季節になると飲みたくなるのがアイスコーヒー。 ペットボト …