くるっと日和

Just another WordPress site

甘いイチゴの見分け方って?

      2017/05/12

スポンサードリンク

春の果物といえばイチゴ。

我が家の こつぶ とコーギー くう は、イチゴが大好き。
くうは散歩に行った後、庭先にあるイチゴの前でお座りしてコーギースマイル(^^)「食べていい?」と催促をします。
1つもらうと大満足で自分のスペースに戻っていきます。
こつぶは今の離乳食形態は、中期終わりか後期前半ですが、イチゴをお皿に見つけるとお目目がきらりーん。
ごはんよりも「早くイチゴ!」と指差しして教えてくれます。イチゴをみるとご飯を残す事もあるので最近ではイチゴはおやつにまわす事にしました。

イチゴってすごい

イチゴにはビタミンCが豊富で半パックも食べれば一日に必要なビタミンC獲れてしまうほどだそうです。ポリフェノールもふくんでいるため美容にもうれしいですね。その他にも整腸作用のある食物繊維のペクチン、むくみをとり高血圧を予防するカリウムも含んでいます。

イチゴは下手の部分を取った状態で洗うと下手の部分からビタミンCガ流出してしまうためへたは取らずに、さっと水洗いしてそのまま食べるのがおすすめです。お子さんはうまくへたが取れないので取ってあげてください。

こつぶはカミカミ期ですが、かまずにすぐごっくんしてしまうことがあるので5mmぐらいに縦スライスを半分にして出しています。

イチゴの色は関係ない?甘いイチゴの見分け方

イチゴって色によって甘さが違うと思っていたのですが、そうではないようです。
実験でやっていたのですが、実が色づく前に収穫したものと収穫せずそのまま実をつけた状態のイチゴを一定期間同じハウスにおいたところ、どちらの実も同じく赤になっていました。なので、スーパーなど店頭に並んでいるイチゴを色を比べて選んでも、必ず甘いというわけではないんですね。
しかし、収穫したイチゴとそうでないものでは糖度が変わります。
イチゴは収穫するとその段階で甘くなるのをやめてしまうんだそうです。一方実をつけたままのイチゴは栄養を蓄積する事ができるので、どんどん甘くなることができる。
なので糖度が表示されているお店だったら、イチゴの色ではなく、糖度で選ぶのかオススメです。
さらに、選ぶ際には「へた」にも注目してください。
へたが実の方へぺたんと倒れているものよりも下手の先がぴーんと反っているものが新鮮です。
今が旬のイチゴ。おいしく頂きたい方は、表示の糖度が高いイチゴの中からへたが元気のよいものを選んででみてください。

食べるのはヘタから?先から?

イチゴは先端の方が甘い成分が多いそうです。なので先端から食べるのがオススメです。

こつぶも先端の方をあげると甘いのが分るのかもぐもぐしながら、体をフリフリして小踊りしてます。

 

こつぶは産まれた時から食が細くて、離乳食も標準とされる量を用意しても大概残します。

そんなこつぶが、イチゴだけは「もっと食べたい。」と自己表現するなんて、すごい〜カンドーといつも思っています。

食べ過ぎは厳禁ですが・・・A(^^;)

家族がみんな大好きなイチゴについては、また新しいことが分ったらUPしていこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 - 食品・保管・レシピ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ふきのとう 栄養は?アク抜きは必要?保存は?レシピも紹介

スポンサードリンク まだ肌寒い時期、もうすぐ春だな〜と思う頃、 ふっと庭先をみる …

鏡餅にカビ 生えても食べられる?取り方は?食べ方アレンジは?

スポンサードリンク 1月11日(地域によっては15日)は、鏡開きの日 さて、食べ …

夏休みの昼ごはん献立は?作り置きのコツは?買い弁でもいい? 

スポンサードリンク 夏休みに入り小学生のお子さんをお持ちのママの頭を悩ませている …

ドライいちじくの効果効能は?産地で違いは?美味しい食べ方は?

スポンサードリンク 生の時よりも栄養価が高いということでドライフルーツが人気です …

納豆 痛風にはよくない?食べていい量は?一緒に食べるといいのは?

スポンサードリンク 大豆製品である納豆は、昔から健康に良い食品として知られていま …

ゴーヤ 苦くないものを選べる?苦みの取り2つの方法と保管方法は?

スポンサードリンク ゴーヤは健康良いことで一気に夏野菜の仲間入りをしましたね。 …

サツマイモ キッチン家電で手軽に焼き芋を作る5つの方法

スポンサードリンク 秋も深まると恋しくなるのは、暖かい食べ物。 最近はスーパーで …

そうめん 食べやすい盛りつけは?七夕飾りそうめんアイデア選も。

スポンサードリンク 暑くなると食べる機会が増える「そうめん」 氷で冷やして、ざっ …

拾ってきた銀杏の処理は?殻の楽なむき方は?保存方法は?

スポンサードリンク 秋と言えば、イチョウと銀杏。 この銀杏、拾って来たのはいいが …

菜の花 栄養は?保存方法は?オススメレシピは?

スポンサードリンク まだ肌寒い2月頃から徐々に黄色い鮮やかな花を咲かせる菜の花。 …