くるっと日和

Just another WordPress site

元号って誰が決める?なぜ生前退位で騒がれているの?

   

2016年8月、天皇陛下がご自身のお気持ちを表明されて
生前退位について注目されています。
先日、法案が通り生前退位について閣議決定されましたが
元号って誰が決めるのか?なぜ生前退位で騒がれているのか?などしらべました。

スポンサードリンク

元号 誰が決める?

元号を決めるとされているのは、ニュース等では有識者会議とされています。
元号法に基づいて決められます。

元号法
(昭和五十四年六月十二日法律第四十三号)

1  元号は、政令で定める。
2  元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。

   附 則
1  この法律は、公布の日から施行する。
2  昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。

このように元号を政令で定めるとしているだけで、具体的な決定方法はこうしなさいとは
かかれていません。
では、いったいどのようにきめられているのでしょうか?
現在の元号「平成」で見ると

  1. 漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者が候補を考案
  2. 内閣官房長官が選定
  3. 閣議で協議
  4. 国民を代表する形で衆参両院議長の意見を聞く
  5. 閣議で決定
  6. 発表

という手順で決められています。
平成の元号を発表したのは、小渕さんでしたね。

なぜ生前退位で騒がれているの?

代表的な理由として考えられるのは

  • 皇室典範に生前退位の規定がないため、改正が必要になる
  • 現行の皇室典範が皇位継承を天皇の崩御に限っている為、現行では認められない。
    先にもふれましたが元号法という法律があり、元号は皇位継承がおこなわれた場合に適用されて、
    新たな元号に変わることになっています。(明治に制定)
    ですが、元号法には天皇陛下が生前退位し、皇位継承をしたいとなった場合のことが記されていません。

  • 天皇の意思によって法改正がなされるとすれば、天皇の国政への関与を禁じる憲法第4条に抵触する可能性がある
  • 学生の頃、社会の学習で習った天皇は国の象徴であり・・・のくだりです。
    【日本国の象徴であり日本国民統合の象徴で、
    憲法の定める国事行為を除くほか、国政に関する権能を有しない。】
    つまり、年間270もある皇室行事や外交は国の代表としてするんだけど
    国を左右する政治に関することには発言が出来ない。
    という人であること。

    スポンサードリンク

    有識者が頭を悩ませているのが、その天皇を退位した天皇の所在と元号。
    (※ここでは「天皇を退位した天皇」を「上皇」と書かせていただきます。)
    上皇と天皇が生存している皇室で、上皇のその扱いをどうするのか?です。
    天皇を生前退位した場合の呼び方すら定められていないのです。

    さらに、その生活を支えるのは国民の税金です。
    その財源や金額はどうするのか?なども定められていないので
    これから決めて行かなければなりません。

    元号が変わるということは政治的にも、経済的にも大きく流れが変わります。
    生前退位するにしてもそのタイミングに見計らいを間違うと
    私たちの生活にも大きく影響が出てきます。

    国の象徴である天皇のあり方について
    生前退位は政治的発言ではないのか?
    老齢、気力が萎えたことを理由に退位するのは
    「天皇は神聖にして侵すべからず」という原則に反するのでは?
    などなど、とにかくいろいろな意見があり
    皇室制度改革は、憲法とイデオロギーに深く関わるので、
    安易に変更できないことから、大騒ぎする議題となっているです。

    2017年5月現在、天皇陛下のご意思を尊重して
    法案が閣議決定されました。
    今回特別に。としたことで生前退位をすすめる動きですが、
    これからどうなるのか?
    次の元号がどうなるのか?
    そのいろいろな意見の中、
    どれをどのように採用していくのか
    日本だけでなく、世界中が注目しています。

    まとめ

    正直わたしは制度について疎いので理解するのに
    まだまだ時間がかかりそうですし、
    これからも情報を収集して勉強が必要ですね。
    そして、秋篠宮眞子さまがご婚約されるという嬉しいニュースも
    飛び込んできました。
    このことによって生前退位は期日が前後すると言われています。
    新元号ですが、可能性が低いのは「M」「T」「S」「H」から始まるもの
    といわれていますが、さてどうなるでしょう?

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 教養・雑学・マナー , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    婚約指輪、結婚後いつ付ける?活用法、ワザ

    婚約期間中は、うれしくて身に付けていた婚約指輪。 結婚後はキズがつくのが嫌だから …

    こどもの日のナゼ?を子供に説明したい。

    先日、こつぶの定期通院があり、車ででかけたのです。 その途中の道沿いに大きな2階 …

    「防災の日」なぜ9月1日なの?2つの理由は?

    9月1日って、学生達にとっては始業式の日ですが 社会一般的には、「防災の日」です …

    お中元 親戚には贈る?どこまで?相場は?タブーは?

    結婚し、家長になって初めてのお中元。 贈る相手って、悩みますね。特に親戚にもあげ …

    お盆 お盆玉とは?相場は?いつあげる?

    お盆玉。聞いたことありますか? え?お年玉じゃないの?と思いますよね。 実は、こ …

    退職届 提出する時期は?退職願との違いとは?誰に出す?書き方は?

    さまざまな理由で、今の職場を離れたい。 そう思ったら会社に提出するもの、それが「 …

    車と静電気 原因は?乗り降りの対策は?グッズは効くの?

    乾燥の季節になってきました。 車を乗る人は経験があると思いますが ドアノブに触れ …

    誕生日には花束を 12ヶ月の誕生花は?花言葉は?

    1月〜12月までの12ヶ月間それぞれに誕生石があるのは有名ですが 誕生花もしっか …

    大葉と青じそ なにが違いの理由は?しその栄養、効能は?

    6〜9月、夏に旬となる青じそ。 お店では似ている葉が「大葉」して売っていませんか …

    花火大会で浴衣デート 男の子が気をつけることは?

    夏は行楽やイベントがたくさんあり、その中でも花火大会は 特に人気のデートスポット …