くるっと日和

Just another WordPress site

赤ちゃんの読み聞かせ いつから始める?選び方は?オススメの本は?

   

赤ちゃんや幼児がいるママさん。
お子さんに読み聞かせしてあげていますか?
小さいうちから本を読んで聞かせてあげることは、お子さんの脳にも
情操にもとてもいいのですよ。
一説では、頭の良い子に育つとも言われています。
今回は、赤ちゃんへの読み聞かせでオススメやみんなの評価の高い本を紹介します。

スポンサードリンク

0歳児の絵本読み聞かせ効果

絵本の内容なんてわからないじゃない?と思われるかもしれませんが、
赤ちゃんは、親の愛情が自分に向けられているか?は、
ちゃんと本能でわかっているといわれます。
さらに、赤ちゃんはママやパパの声を聞いて安心できるようになります。

パパが読んであげるといい理由

ママは産まれる前からずっと一緒なので、
つながっている安心感がパパよりも強いのですが
パパはそうはいきません。

仕事が忙しくて留守がちだと、なかなか慣れてくれない。
と嘆いているパパの話はよく耳にします。
うちもそうでしたね。
子に聞くと、パパは好きだけど、会うと今でも緊張しちゃうそうです。

0歳児からパパの膝の上に乗せて、
読み聞かせてあげることで、一緒にいて安心できる人だ。と
分かってもらえたらうれしいですよね。

読み聞かせは、愛情も育てる?

研修会で、教育学の教授から聞いた話なのですが
親子のスキンシップは、愛情ホルモンを分泌させる効果があるそうです。

読み聞かせもその1つ。

  • 本を読んでもらっている時間、
  • 親に抱っこされているときの体温、
  • 親の優しい声や笑顔
  • これらは、愛情ホルモンのオキシトシン分泌を促進する効果があるそうです。

    オキシトシンとは
    このオキシトシンは、赤ちゃんと親の愛情を深める育児には
    欠かせない大切なホルモンとされています。
    子には親の愛情を受け満たされて安心すると
    知能レベルやストレス耐性を高める効果も期待できます。

    読み聞かせは興味関心の幅が広がる

    小さい頃から絵本に親しむと興味関心の幅が広がる効果もあります。
    うちの娘は新しい本を読むと最初はきょとんとしていますが
    2回目からは気になる部分を指差して
    「なーに?なーに?」と聞いたり
    「これ○○だね」と確認したり
    とても積極的におしゃべりをします。

    0歳のいつから始める?

    私は娘が生後8ヶ月くらいから、読み聞かせを始めました。

    早い人では、お腹にいる時からとか
    生後3ヶ月から始めたという事例もありますが
    だいたい5ヶ月〜6ヶ月が平均とされています。
    それは首がすわって、赤ちゃんの見る世界が天井から
    正面に変わってから、つまり膝の上に乗せて
    またはバウンサーに座って、本を読み聞かせてあげることができる頃です。

    新生児期に読み聞かせをしたい場合は
    ほとんど寝ていることが多いので、困るかもしれませんね。
    でも、授乳後うとうとしているときでも大丈夫なようですよ。
    新生児は大人のように熟睡している訳ではないので
    ママの声を無意識に聞いているとされています。

    読み聞かせのタイミング

    読み聞かせのタイミングは、いつでもいいのですが
    ママもパパも自分の気持ちに余裕がある時間に
    赤ちゃんと向き合ってあげましょう。
    私は0〜2歳児の頃は、午前中11時ぐらいと夜寝る前にしていました。
    3歳を超えた今は、保育園に行っていることもあり
    寝かしつける前に毎日必ず読み聞かせています。
    1冊読むと安心して入睡します。

    0〜1歳児にオススメな本選びのポイント

    でも赤ちゃん向けの絵本って、たくさん売っていますよね。
    選ぶのが大変!
    でも、ポイントをつかんで選別していけば、あっという間に見つけられます。

    0〜1歳児にオススメな本選びのポイントは

    1. 背景が白、または黒
    2. 色がカラフル
    3. 読む部分が短い
    4. 繰り返しが多い

    とっても簡単な絵本です。
    読む部分はホントに少なくていいです。

    これらのポイントで探すと短時間で選べるようになります。
    大きな本屋さんに行くと、学齢に合わせてコーナーがあるので
    そこから選んでもいいです。
    「オススメ」とかいてあるところから選ぶのも入り口としては、ありです。
    なぜかというと、そのオススメコーナーにポイントをおさえた本が
    置いてあることが多いからです。

    では、わたしが娘が0歳児に読んであげた本とみんながオススメの本をご紹介します。

    なりきりえほんシリーズ おめん

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    おめん (なりきりえほん) [ わだことみ ]
    価格:486円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

    我が家で、一番最初に買った絵本。
    穴の部分に指を入れて持つことが出来るので
    赤ちゃんの指でも簡単に持てます。
    ページをめくりながら「だーれだ?だれだ?」といいながら
    親の顔の前に出すと・・・笑ったり、驚いたりします(^^)

    松谷みよ子あかちゃんの本シリーズ

    テッパン中のテッパンですが「いないいないばあ」は、
    今も大好きでときどき引っ張り出してきます。
    繰り返しフレーズが多いのでリズム感がいいです。
    イラストも優しい雰囲気で素敵です。
    実は絵本の他に、CDも発売になっているそうです。

    最近SNSで話題になって人気があります。
     口コミをみても良い評価が多く

  • 娘が何故か「もうねんね」を歌うとキッチリ眠ってしまうので、得した気分。
  • 抱っこしながら歌って上げてます。
  • 絵に興味を持って笑ってくれたのが嬉しかった。
  • など、があり、とにかくロングセラーです。
    CDは、松谷みよ子さんの
    「いないいないばあ」
    「いいおかお」
    「のせてのせて」
    「もうねんね」
    「あなたはだあれ」の絵本を歌にしたものです。

    あっぷっぷ

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    あっぷっぷ (あかちゃんあそぼ) [ 中川ひろたか ]
    価格:950円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

    スポンサードリンク

    我が家の3冊目の本です。
    あっぷっぷは、中川ひろたかさんの独特なイラストがなんとも味わいのある絵本です。
    動物やママとにらめっこする絵本で、繰り返しワードの本です。

    いないいないばあシリーズ

    このシリーズは長く使えるので、どのタイミングで購入してもオススメ。

    だるまさんシリーズ「が・の・と」

    これも長く使えます。
    うちの子は「だるまさん が 」がお気に入り。
    これは、読み手の表現次第で子どもが「驚く」「笑う」「大いに笑う」など
    バリエーションがもてますよ(^^)
    「だるまさんがころんだ」で遊んだことがあれば
    そのリズムで読んであげるといいでしょう。

    くっついた

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    くっついた [ 三浦太郎 ]
    価格:864円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

    ページをめくると、くっついた。
    その繰り返しが楽しい赤ちゃん絵本です。
    最後は赤ちゃんのほっぺをはさんでお父さん、お母さんとくっついた。
    コミュニケーションをとるのに最適ですね。

    おさかなちゃんのシリーズ

    うちの子がお気に入りの本。
    ちっちゃなおさかなちゃんと、ママの話。
    背景が黒ですが、おさかなちゃんや海の生き物が
    色鮮やかです。
    色の識別がまだ難しい赤ちゃんにも刺激になるのでは?
    ちなみにうちの子がこれを引っ張りだしてくる時は
    ちょっと眠くて、甘えたい時です。(笑)

    うずらちゃんのシリーズ

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    うずらちゃんのかくれんぼ (幼児絵本シリーズ) [ きもとももこ ]
    価格:972円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

    そして、これは私の母が娘の1歳の誕生日にくれた本です。

    皇后・美智子さまが、お孫さまの愛子内親王に
    読み聞かせになられたことでも有名な絵本。
    うずらちゃんとひよこちゃんの可愛いかくれんぼのお話です。
    繰り返しワードの本です。
    10ヶ月〜2歳頃に読んであげると喜びます。

    まとめ

    その他にもたくさん読んであげたい本がありますが
    最初に選んであげる本は、ママやパパの気に入った物で
    いいと思います。
    読んだあげたいな。
    読みやすいな。
    読み手が手に取りやすい物がいいですよ。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 子育て・教育 , , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    桃の節句とは?縁起のいい食べ物は?献立アイデアは?

    3月の行事と言えば、「ひなまつり」ですね。 さて、この「ひなまつり」ですが、「桃 …

    卒園式の謝辞 どんなことを言えばいい?用紙や形式は?

    「卒園式の謝辞をお願いします」 その一言で、我が子の涙涙の卒園式が、突然ドキドキ …

    海水浴 あると便利な持ち物は?子供で気を付けたいことは?

    夏の海は、子供のとってとても楽しい場所です。 ですが、いつもと違う場所だけに気を …

    子育て『マルフク』って? 使い方は?適用外はある?

    「マルフク」ってきいたことありますか? 妊娠中や子どもを育てるようになった女性な …

    幼稚園のお弁当 年少の量は?中身の割合は?小食の場合は?

    幼稚園にこれから通う場合「毎日お弁当持ち」という子もいらっしゃると思います。 年 …

    運動会のお弁当 簡単だけど豪華に見えるおかずは?

    運動会、どこのご家庭も気合が入っているだろうし、我が家もできるだけ豪華なお弁当を …

    赤ちゃんにお年玉はあげる?相場は?お金以外でもいい?

    お正月と言えば、子供が楽しみなのはお年玉。 大人はちょっと苦いですが(^^;) …

    自由研究に悩んだら?コレだ!が見つかる方法は?自由研究55より

    夏休みで一番の課題となるのが自由研究と読書感想文でしょうか? 特に自由研究は「自 …

    赤ちゃんの熱中症対策、症状は?予防方法は?水分はどれぐらい?

    2015年はゴールデンウィーク前から気温が上がり、5月中に台風が来るという異常気 …

    おやすみロジャーは効果なし!?3歳児に試してみた。内容や口コミは?

    おやすみロジャーが話題ですね。 海外でベストセラーになっている絵本。 でも、効果 …