くるっと日和

Just another WordPress site

土用 妊婦はうなぎを食べちゃダメ?食べるならどれぐらい?

   

スポンサードリンク

妊婦はうなぎを食べてはいけないって昔からよくいいますよね。
その理由は何でしょうか?
ウナギNGな理由と気をつける事をまとめました。
土用の丑の日の参考にしてください。

スポンサードリンク

妊娠中はうなぎを絶対食べてはダメ?

結論からいうと、ウナギも年に1回ぐらいなら食べても大丈夫です。

では、なぜ妊婦はうなぎを食べてはダメだ。といわれるのかというと
ビタミンAの過剰摂取問題です。
実は、ビタミンAには2種類存在します。
1つめは動物性の『レチノール』
2つめは植物性の『ベータカロチン』

違いは、動物性が体内に蓄積されるのに対し、
植物性は体内でカロチンに変換されるため過剰症の心配がないこと。

動物性に代表されるのは、レバー、うなぎ。
植物性に代表されるのは、人参などの緑黄色野菜です。

妊婦さんのビタミンAの過剰摂取で問題になるのは、
1つめの動物性のレチノールです。
ビタミンA(レチノール)を多く取り過ぎて、奇形児を出産した事例があります。

過剰摂取ってどれくらい?

確かに、ビタミンA(レチノール)を多く取り過ぎて、奇形児を出産した事例があります。
しかし、これはうなぎ2匹分の量を長期間わたって取った場合の事例です。
普段は食べていないけれど、土用の丑の日で、1回うなぎを食べたからといって
ビタミンA(レチノール)を多く取り過ぎてしまったという心配ありません。

日本人に1日に必要なビタミンAの量は下記の通りです。
12歳以上の女性 1800IU(540mcg)
妊婦は      2000IU(600mcg)
  
ちなみに妊婦の1日に必要な2000IUはどれくらいの量なのかと言いますと
■うなぎのかば焼き  40g(2000IU程度)
■レバー       5g(2000IU程度)
■卵5個        316g(2000IU程度)
■牛乳        2リットル(2000IU程度)
摂取量を見比べてみると、うなぎよりレバーの方が注意が必要な食べ物です。
貧血だからといってレバーを多く取り入れるのは避けた方がいいですね。
妊娠中期に検査したら貧血だったので「レバーを食べた方がいいか?」とDr.に質問したら、「レバーは勧めない。」と言われたのをおもいだしました。どうしたかというと鉄分の薬をもらいました。

妊娠初期、中期、後期で違うビタミンAの取り方

一番注意するべきは、妊娠初期(妊娠1~4ヶ月)
 赤ちゃんの体を形成する大事な時期で、その時期にビタミンAを過剰摂取するのは避けましょう。
 妊娠中期、後期については、1日に食べていいビタミンA量を超えないように注意して食べれば大丈夫です。

まとめ

うなぎは、タンパク質やビタミンA、ビタミンB2、カルシウムなど
体に必要な栄養素が詰まった食材です。
妊娠中に食べたくなったら、うなぎの蒲焼き3ぶんの1程度が40g
になると考えられますので、それぐらいは食べてもよいでしょう。
私も6ヶ月だったとき、土用の丑の日は食べましたよ。
妊娠中は、食べる物も気をつける事や
制限が多くストレスも溜まると思います。
あまり細かく気にせずに、日本の夏の風物詩、
土用の丑の日ぐらいはうなぎを楽しんでもいいのではないでしょうか?
食べ過ぎに注意ですので、家族とシェアしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 食品・保管・レシピ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鏡餅にカビ 生えても食べられる?取り方は?食べ方アレンジは?

スポンサードリンク 1月11日(地域によっては15日)は、鏡開きの日 さて、食べ …

ブロッコリー 買う時のポイントは?長持ちさせる保存法は?

スポンサードリンク ブロッコリーって、買って来たはいいが、すぐに使わない場合、 …

大根 選び方のコツは?保存方法は?冷凍はできる?

スポンサードリンク 一月の旬の野菜、大根。 煮物、おでん、サラダ、大根おろしなど …

ぶどう保存方法は?冷凍できる?簡単に皮をむく方法は?

スポンサードリンク 果物のおいしい季節になりました。 観光に出かけたお土産に、ぶ …

no image
運動会お弁当、全員分作る?分担してもいい?下ごしらえは?

スポンサードリンク 初めての我が子の運動会。 初めての運動会となれば、両家の親も …

拾ってきた銀杏の処理は?殻の楽なむき方は?保存方法は?

スポンサードリンク 秋と言えば、イチョウと銀杏。 この銀杏、拾って来たのはいいが …

菜の花 栄養は?保存方法は?オススメレシピは?

スポンサードリンク まだ肌寒い2月頃から徐々に黄色い鮮やかな花を咲かせる菜の花。 …

そら豆 栄養・ゆで方は?簡単な皮の剥き方は?保存は?

スポンサードリンク そら豆のシーズンです。 我が家は畑でそら豆、エンドウ豆など豆 …

納豆 痛風にはよくない?食べていい量は?一緒に食べるといいのは?

スポンサードリンク 大豆製品である納豆は、昔から健康に良い食品として知られていま …

夏バテ防止 我が家の簡単レモネードの作り方 

スポンサードリンク 暑い夏。お子さんがいるママが心配なのは、熱中症や夏バテですよ …