くるっと日和

Just another WordPress site

保育園と幼稚園と認定こども園の違いって?

   

実は知らないこの違い。
今回は、子どもを「園」に預ける際に覚えておきたい
保育園と幼稚園と認定こども園の違いって?をまとめました。

スポンサードリンク

保育園と幼稚園と認定こども園の違いって?

この違い、ママになったばかりの人やプレママさんは覚えておいて欲しい違いです。

何故って?私は良く知らなかったから。

いざ保育園や幼稚園を選ぶ段階になって後悔しないように今のうちにおぼえておきましょう。

保育園、幼稚園、認定こども園
この3つは、いずれも【未就学の児童を預ける施設】です。
特徴やメリット、デメリットをまとめていきます。

保育園

厚生労働省が管轄です。
詳しく方針をみたい方は「保育所保育方針ー厚生労働省」をごらんください。

児童福祉法に基づいた児童福祉施設となり、児童福祉法上の正式な名称は「保育所」です。

【対象】
0歳から小学校就学までの乳幼児。
保育時間は原則8時間。
保育士資格を有する保育士が保育を行います。
【配置基準】
保育士1人がみることが出来る人数が決まっています。

  • 0歳児クラス3人
  • 1~2歳児クラス6人
  • 3歳児クラス20人
  • 4~5歳児クラス30人
  • ☆メリット☆

    • 0歳児から預けることができること。
    • 年間の保育日数に規定がないので学校のような夏休みなど長期休みがない。
    • 土曜日も希望で保育を実施している。
    • 保護者の就労にあわせた時間の保育が受けられる。
    • 収入によって保育料が変わる

    ★デメリット★

    • 子どもが保育に欠ける状態であることを認められなければ、入園の許可がおりない
    • 保育がメインなので、学習は二の次
    • 就労している時間によって認定の時間が変わる
    • 兄弟の産休などで親が家にいる場合は、退園しなくてはいけない

    これらの特徴があります。
    デメリットの4番目に関しては、地域によってだいぶ差が出てきますが
    最近、保育方針の見直しなどが行われた結果、厳しめに判断される
    事があるようです。
    実際、私の友人は保育園に次女、小学校に長女がいて
    3人目を出産して家にいますが、保育園の子はママが家にいるので
    退園してもらいたいと役所からいわれています。
    彼女は待機児童が多い地域に住んでいます。
    産休を終えて仕事に復帰するならこのまま保育園にいても大丈夫という話です。
    ちなみに私の住む地域は、いわゆる待機児童といわれる幼児はいませんので
    そういった話は聞きません。

    保育料は親の総収入によって変わります。

    高収入なら高いし、低収入なら安くなります。
    月に5万かかる家庭もいれば、月に1万円の家庭もあります。
    保育料に関しては、お住まいの役所の保健課に問い合わせてください。

    認可の内容に関しては、「保育者の就労によって子どもの保育が不可能であるから」という理由のが多い傾向です。
    祖父母と同居していても、その祖父母も何かしら働いていれば、保育が難しいと判断されて入所が可能です。

    待機児童の定義
    待機児童とは、子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童をいいます。
    つまり申請していない場合は、対象外です。

    幼稚園

    文部科学省が管轄です。
    学校教育法に基づいた教育施設。
    満3歳から小学校就学までの幼児が対象。
    教育時間は、標準4時間です。
    幼稚園教諭免許を持つ教師が「教育」を行い、配置基準は1クラス35人以下と決まっています。

    スポンサードリンク

    ☆メリット☆

    • 決まった年齢になれば誰でも入園できる。
    • 学校教育法に基づいているので、学習面が充実している事が多い。
    • 学校教育法に基づいて設立された私立幼稚園もある。
    • そのため付属の小学校、中学校へエスカレータで上がれることがある

    ★デメリット★

    • 1日の教育時間が決まっているので早く帰宅する
    • 年間の教育日数は39週以上。夏休みなど長期休みが設定されている
    • 給食ではなくお弁当の場合が多い
    • 預ける費用がかかる

    幼稚園の費用ですが、公立と私立ではさらにかかる費用が違います。
    平均して、公立は15万円、私立幼稚園は約37万円。
    と言われています。

    認定こども園

    未就学の児童に対する保育および教育、保護者に対する子育て支援などを行う総合施設です。
    教育・保育を一体的に行う施設で、いわば幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設です。
    都道府県知事の認定による施設です。
    保育園と幼稚園の両方の基準を持ち合わせている保育園や幼稚園が、
    都道府県条例の認定基準を満たすことにより認定されます。
    【幼保連携型】
    保育園と幼稚園の両方の設備・施設が一体的に設置・運営されている
    【保育所型】
    保育園が、幼児教育機能を備えて認定を受けて運営されている
    【幼稚園型】
    幼稚園が、保育所機能を備えて認定を受けて運営されている
    【地方裁量型】
    幼稚園・保育所いずれの認可もない地域の教育・保育施設が、認定こども園として必要な機能を果たして運営されている

    これらの特色を持った認定こども園があります。
    認定区分に関しては、内閣府ホームページに詳しく書いてあります。
    参考になさってください。

    【認定区分】
    1号認定 教育標準時間認定・満3歳以上 ⇒ 認定こども園、幼稚園
    2号認定 保育認定(標準時間・短時間)・満3歳以上 ⇒ 認定こども園、保育所
    3号認定 保育認定(標準時間・短時間)・満3歳未満 ⇒ 認定こども園、保育所、地域型保育

    まとめ

    待機児童が増加、保育士不足などの問題で
    保育園や幼稚園の運営が見直されて、
    【幼保一元化】の考えがすすんでいます。
    保育園と幼稚園の両方の特徴を生かした認定こども園は増加しつつあります。
    しかし、入園できるかどうか?は
    その地域の子どもの人数状態によって変わってきます。
    お子さんを預けるのなら、ご自身のライフスタイルや収入に合わせて
    申請する園を選ぶようにしましょう。
    もしお子さんが小さいうちから働くのなら保育園か認定子ども園がよいでしょう。

    お読みいただきありがとうございました。

    スポンサードリンク

     - 子育て・教育, 教養・雑学・マナー , ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    お中元 親戚には贈る?どこまで?相場は?タブーは?

    結婚し、家長になって初めてのお中元。 贈る相手って、悩みますね。特に親戚にもあげ …

    結婚式紹介ビデオ 初心者が注意する事?素材選びは?作成期間は?

    結婚披露宴のお色直し中などに上映される、ふたりの紹介ビデオ。 最近はパソコンの普 …

    ロタウィルス予防接種 受けられる期限は?費用は?助成金は?

    ロタウイルスは感染力が非常に強いので、赤ちゃんがかかると 死に至ることもある病気 …

    子供の熱中症、症状・チェック方法は?スポーツ時の予防方法は?

    最近は1学期中に運動会やスポーツ大会などの行事を行うことが多くなってきました。 …

    赤ちゃんにお年玉はあげる?相場は?お金以外でもいい?

    お正月と言えば、子供が楽しみなのはお年玉。 大人はちょっと苦いですが(^^;) …

    赤ちゃんと旅行いつからOK?移動手段は?持ち物は?

    妊娠、出産、そして子育て。 赤ちゃん中心の生活をしていると、いろいろ制限も多く、 …

    寒中見舞い お祝い事の報告はOK?写真は?例文は?

    新年の挨拶とともに結婚・出産などのお祝い事を報告 する年賀状をよく見かけるように …

    風水 玄関で運気UP 方位とラッキーカラーは?置くと良いものは?

    年末になると「来年はいい年になるといいな」と誰もが思いますよね。 風水では全ての …

    お盆 お盆玉とは?相場は?いつあげる?

    お盆玉。聞いたことありますか? え?お年玉じゃないの?と思いますよね。 実は、こ …

    自由研究 大学で無料イベントは?小学生向きは?首都圏オススメは?

    夏休みですね〜。 小学生の夏休みと言えば自由研究がありますが2017年も いろい …