くるっと日和

Just another WordPress site

台風対策 ベランダ家庭菜園の対策は?グリーンカーテンは?

   

台風が頻繁に近づいてくると心配なのは、プランターの野菜たち。
子供と収穫を楽しみに、大切に育ててきた家庭菜園はできるだけ被害を最小限に抑えたい。
台風の被害を最小限に防ぐために、台風が来る前にやっておきたい対策をご紹介します。

ベランダや屋上の台風対策は?

 
隣家や下階の家に迷惑をかけないように、配慮することが1番気をつけたい所です。
プランターの確認もしますが、その前にベランダや屋上の設備もチェックしましょう。

1、排水溝・側溝・雨どいのチェック
排水溝などに土や枯れ葉などが詰まっていると大雨になった場合、
水が流れなくなりベランダ全体が水没被害になり、下の階に水漏れなどの
被害を与えてしまう場合があるので、必ずチェックしましょう。

2、避難隔壁・避難用ハッチをふさがないようにする。
緊急時の重要な避難経路です。プランターなどがある場合、移動しましょう。
特にマンションにお住まいの方は普段から気をつけたい場所。
通行の妨げにならないようプランターを移動しましょう。

3、収穫できるものは採っておく。
風の強度によりますが、風で作物が飛ばされてほぼ全滅・・・悔しいですよね。
お花などの観賞ものは、散ってしまう前に切っておきましょう。
大きな枝ものなどは、短く剪定しておくのも強風対策では効果あり。

4、手すりの上にあるプランター類は、片付ける。
落下の危険性があるので、ハンギングしてあるプランターは下ろして置きます。
台風の強風を受けると、鉢が倒れたり転がって割れ、花や枝が折れたりします。
とくに、高層階のベランダの手すりなどに置いたままにして、
鉢が落下すると非常に危険です。
引っ掛けてあるから大丈夫など思っていると、強風であおられ飛ぶ、落ちるなどして
破損または怪我をする場合も。

スポンサードリンク

プランターの台風対策

1、プランターごとにネットで覆いましょう
枝や茎などを支柱などでしっかり固定し、ネットで覆います。
植物の葉や枝に強風が当たると、互いにこすれ合って傷ができます。
この傷口から病原菌(細菌)が侵入して、ダメージが大きくなるので、
最小限、強風から守るために、支柱で固定したりネットで防風対策をします。

2、室内へ避難
小さいプランターや植木鉢など、移動できるものは室内へ入れます。
室内が汚れないように、床に新聞紙やビニルシート敷いてから行います。
また、取り入れる前に鉢に付いた泥等を洗い落としておくと汚れなくてよいですよ。

3、グリーンカーテンは降ろす
グリーンカーテンでゴーヤや朝顔を育てている人は多いのではないでしょうか?
室内に運べないネットものは、上のヒモをほどいて、落としておくだけでずいぶん違います。
その際、実がなっていたら、小さい物以外は収穫しておきましょう。

その他
・物干し竿など下ろしておくと落ちた時の危険性が減ります。
・成長途中の幼苗も寒冷紗などをかける。
 比較的、被害が少ないように思われる小さな幼苗も強風の威力で
 根こそぎ持っていかれる場合もあるので、飛ばされないようにします。

まとめ

TVや気象庁のサイトなどで台風予報をチェックしたり、
近くの川の堤防が増水がないか、がけ崩れはないか?
早めの情報収集が、被害の少ない対策につながります。
台風対策をしておくと心に余裕ができるので、やってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 害虫災害対策・駆除 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

天井裏のネズミ 駆除に成功した我が家の方法はコレ。

天井裏のネズミってやっかいですよね。 我が家にもやって来くるのですが、早々に駆除 …

カーネーション 育て方は?植替えの時期は?夏の注意点は?

母の日の定番カーネーション 鉢植えを貰ったらやはり長持ちさせたいし できれば翌年 …

庭先にへびが出た!退治方法は?戻らせない為の対策は?

庭先にヘビが出てくるとドキッとしますよね。 特に子供が家にいると噛まれるのでは? …