くるっと日和

Just another WordPress site

諏訪湖花火大会2015混雑回避の穴場スポットは?便利アイテムは?

      2017/05/12

長野県諏訪市にある諏訪湖で毎年お盆の8月に開催される諏訪湖祭湖上花火大会。
総打ち上げ数が4万発、観客数50万人という大規模な花火大会でファミリー層にも人気です。
豪快な打ち上げ花火や2キロに及ぶナイヤガラなど鳥肌が出ます。
お子さんと一緒に花火を堪能できる穴場、便利アイテムなどについてまとめました。

スポンサードリンク

諏訪湖花火大会 場所取り時間は?

・有料自由席は大混雑
開門時間は、午後2時からです。
が!有料自由席のチケットを持った方々は、
朝早くからから門の前に並んで開門と同時に
レジャーシートなどで場所取りされるので、
開門時間に間近に行くと、もうすでにかなり場所取りされています。
しかしながら、
諏訪湖花火大会の会場は
諏訪湖の形を上手に利用していて、
円を描くように観客席が用意されています。
基本的には、どの場所からも花火は見えるので、焦らずさわがず(^^;) 
後ろの方になっても、シート場所が確保出来ればOK!
の気持ちで場所取りをしましょう。

混雑回避の穴場スポットは?

会場で、子連れで早朝から待つとなると、
花火を観る頃には疲れ切っているという事もおおいに考えられます。 
真夏の炎天下ともなると、熱中症も心配でし、よけいに大変です。
なので、ちょっと離れているけけれどよく見える無料観覧の穴場がオススメです。
・下諏訪側の湖岸通りオススメ!
ちょうど会場の反対側ぐらいです。
ちょっと花火からは離れていますが湖畔なのでばっちり見えます。
夕方4時でも余裕で場所が取れます。
Googleマップでは座標をハーモ美術館にしてありますが、その前の通りが全て湖岸通りです。

・立石公園
迫力のある花火ではなく花火全体を上から見られるスポット。
湖を見下ろせる高台にあります。
人気スポットなため、早めに行って駐車スペースを確保したり、
公園内の場所取りもしないといけませんが、会場の比ではありません。
・ヨットハーバー周辺
ヨットハーバー寄りの場所がオススメ。
打ち上げ場所が近いため、大ナイアガラもバッチリ見えます。
・SUWAガラスの里周辺
花火大会会場からかなり距離はあるので、空いています。
帰りの混雑も、比較的少ないのが嬉しいですね。
・諏訪湖SA
諏訪湖SAからも花火は見えます。
見晴らしが良いスポットですので、会場まで行かなくても花火は楽しめます。
車をすぐに移動できるのはいいですね。
会場からちょっと離れた場所から撮影された諏訪湖の花火動画です。
YouTube「AQUA Geo Graphic」さん 

スポンサードリンク

持って行くとよいアイテムは?

・暇をつぶせるグッズ
真夏の日差しが照りつける中、長時間待ちます。
お子さん連れなら、今回ばかりはゲーム解禁ということで
3DSなどゲームを持って行ってもいいかと思います。
家族で楽しめるトランプとかオセロとかがあるといいですね。
・ラジオ 
長い待ち時間には、花火ラジオを聞いてもいいし、
音楽を聴いてもいいです。
帰宅する際には渋滞情報も24時まで流してくれています。
周囲に迷惑がかからないよう音量に注意。
・携帯充電器
湖畔なので充電できません。携帯用を持って行きましょう。
・折りたたみ椅子
無料観覧する場合、
アスファルトの上などに腰掛けることになるので、
シートと共に椅子がオススメ。
・テント
諏訪湖花火大会の湖畔は、もはや釣り大会か夏フェスのようです(^^;)
シート&日傘の組み合わせの他に、
小さめのテント持参も多数見受けられます。
暑い中、長時間待つ事になるので、日よけは必需品。
日傘でもいいですが、
テントなら気兼ねすることなく花火に向けて体力温存。
お昼寝もできるし、お子さんが急にトイレ!
となっても、長蛇の列の仮設トイレに走らず
中でこっそり簡易トイレで済ませる事も可能です。
・熱中症対策グッズ
塩あめ、水分、首に巻く冷却タオル、冷えピタなどなど
・折りたたみ自転車
湖畔をサイクリングするのもいいのでは?

まとめ

諏訪湖花火大会会場は、どこまでいっても屋台があります。
下諏訪側にもちらほら出るようです。
屋台なので売れるものの制限があるので、
同じ食べ物が重なっていますが、食べ物には困りません。
いつも静かな諏訪湖が
ホテル前の歩道も人
始まる前から座り込み
とにかく人であふれています。
諏訪湖の花火大会をまだ見ていない方ぜひ、一度お出掛けしてみてください。
見る価値ありますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 季節・イベント・暦 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お月見 子どもと楽しむには?どこに飾る?後始末は?

2015年の中秋の名月・十五夜(旧暦8月15日)は、9月27日(日)です。 でも …

都内イルミネーション子供と楽しむ ポイントは?オススメスポットは?

冬になるとイルミネーションが輝ききれいですよね。 子供はキラキラ光る物が大好き。 …

クリスマスツリーの足元を華やかに!簡単おすすめアイデア8選

クリスマスツリーって、お店で見るとすごく素敵に見えますよね。 お店と同じツリーと …

鏡餅 意味は?いつからいつまで飾る?正しい飾り方は?

お正月飾りの一つ、鏡餅。 お正月だからといってなんとなく飾っていませんか? 今回 …

足立の花火 会場図は?混雑回避するなら?車いすでも大丈夫?

2017年7月22日に開催される足立の花火大会 大勢の人が観賞に訪れるこの大人気 …

花火大会  赤ちゃんは大丈夫?音の影響は?行くなら何歳から?

ベビーカーでお出かけが出来るようになってきた赤ちゃん。 初めての夏。いろいろなと …

大寒2016はいつ?何をする日?金運UPになる食べ物は?

2015〜2016年は暖冬でアウターがいらない日があるぐらいですが いよいよ一年 …

隅田川花火大会 第1、第2どちらで見る?観覧スポットは?

浴衣を着て、好きな人と一緒に花火を見に行く。誰もが一度は憧れるデートですよね。 …

七夕の笹、どこで手に入る?管理は?処理はどうする?

♪笹の葉サ〜ラサラ〜♪今年も七夕がやってきますね。 短冊に願いを込めて書いて、笹 …

成田花火大会2017 見どころは?穴場スポットは?近いコンビニは?

成田花火大会はといえば、豪快な打ち上げ花火「黄金伝説」。 今年2017年10月1 …