くるっと日和

Just another WordPress site

赤ちゃんがベビーカーで泣く。どうすれば慣れるの?実践したこと。

      2017/05/12

スポンサードリンク

赤ちゃんが生まれ、ママの体調も良くなってくると、ベビーカーに乗せてお散歩やお買い物
「さぁ行きましょうね~」優しくママが赤ちゃんに話しかける。
そんな姿を見ると、「いいな~あんな穏やかな時間」とマタニティ前から憧れませんでしたか?
でも実際はそんなことない!ベビーカーに乗せると大泣き!
赤ちゃんがベビーカーに慣れるためにはどうすればいいのでしょう?
今回は、赤ちゃんがベビーカーで泣く。どうすれば慣れるの?筆者が実践したこと。をまとめました。

スポンサードリンク

いよいよベビーカーデビュー!

まず、筆者の体験談を1つ。
1ヶ月健診も無事終わり、ママの体調も良くなって来たので、おばあちゃんと筆者、娘こつぶで食料品の買い物に出かけました。
チャイルドシートでは泣かないので、
大丈夫だろうと思いベビーカーに乗せると。。。
泣くのです!
しかも大泣き。
ママもオロオロするしかありません。
だって泣かないと思っていたんだもの(@@)

ゆらゆらすれば落ち着くかな?やってみても泣き止みません。

そんなこんなしているうちに「なに?あのママ 、赤ちゃんに何したの?」とジロジロ見られ・・・。

抱っこすれば泣き止むので結局その日は抱っこして買い回り。
こつぶはご機嫌でよかったのですが、空のベビーカーは荷物おきになってしまいました。
赤ちゃんが小さいうちは小さいし軽いので、抱っこしていてもなんてことないのですが
半年も過ぎるとズシッと重くなります。
できればベビーカーで移動できるようになった方がママが楽です。
では、赤ちゃんがベビーカーに泣かずに乗れるようになるには、
どうすればいいのでしょうか?

筆者が実践したこと

1、家の中でもベビーカーに乗せて練習する。(ずっと押して歩く。)
2、ベビーカーに乗っているときは、笑顔で話しかける。
3、赤ちゃんが落ち着く音楽をかける。またはママが歌う。
4、シェードにゆらゆら揺れるおもちゃをつける。

1、家の中でもベビーカーに乗せて練習する。
  赤ちゃんとの外出は荷物が多くなり大変なもの。
  そしてそんなに頻繁に出かけないので慣れるチャンスも少ない。
  なので家の中でベビーカーを押してグルグルゆっくり回っていました。
  この時、前後に押して引いての繰り返しだけでは、泣く事が多かったです。

2、ベビーカーに乗っているときは、笑顔で話しかける。
  ベビーカーに乗せる前から、笑顔で話しかけながら、降ろします。
  急に離れると泣く事が多かったので、ちょっと体制がきついかもしれませんが
  そのまま両腕で赤ちゃんを包むようにして「おりこうだね〜」など話しかけます。
  このとき「スマイル」を忘れずに!
  ちょっとしたら、少しずつ包んでいた腕を外して離れていきます。

3、赤ちゃんが落ち着く音楽をかける。またはママが歌う。
  こつぶはオルゴールの音が好きだったので、ベビーカーに乗る練習の時は
  ずっと聴かせながら、筆者も一緒に鼻歌をうたってました。
  これが一番泣き率が低かったですね。

4、シェードにゆらゆら揺れるおもちゃをつける。
  おもちゃは赤ちゃんの個体差があって、合う合わないがあります。
  こつぶはキーホルダーがゆれるのが好きでした。
  金具が光るのがよかったみたいです。ぬいぐるみは好みではなかったようです。

温度の変化に気をつけるとよい

抱っこやベビーベッドから移し替えると泣くのは、温度の変化で赤ちゃんがびっくりして泣くことがあります。
1、寒い時期は、ベビーカーを湯たんぽや使い捨てカイロで温めてから乗せる
 注意:必ず湯たんぽやカイロは外してから乗せましょう!
 こつぶもやってみたことがあります。
 泣き率は低かったのですが、準備が面倒で筆者はすぐやめてしまいました。
2、ベビーベッドで使ってるバスタオルにくるんだまま、ベビーベッドに乗せる。
 これはやってみてよかったですね。おくるみ状態なので安心するのかしばらく泣きませんでした。
3、ベビーカーは5~15分にして、月齢が小さいうちからつかえる抱っこヒモに交換して歩く。
 赤ちゃんはすぐに飽きてしまいます。ベビーカーは短い時間で切り上げて、気分を変えて上げるのも手ですね。



まとめ

最初は泣いていた娘も今ではすっかりベビーカーに慣れて
外へ散歩に行く時にはベビーカーです。
「こつぶ~散歩いこー」と声をかけながら乗せると「ごーごー!」と
喜んでベビーカーに乗ってくれます。
20分も乗って外で散歩すると、うつらうつらして気持ちよくお昼寝がパターンです。
いろいろやりましたが、「乗せる回数を増やす。ベビーカーは安心と分ってもらう。」
というのが一番効果をあげることだったと思います。
赤ちゃんはママの抱っこが大好きです。
ママのにおい、心臓の音、ママの体温でふんわり包まれる抱っこは、
お腹の中にいるみたいに、とても落ち着くんだそうです。
月齢の低いうちは無理をせず、ママの抱っことあわせながら、
ベビーカーにチャレンジしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 子育て・教育 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1日で終わらせる自由研究は?研究探しにオススメのサイト7選

スポンサードリンク 長くて短い夏休み。 あっという間に終盤になってしまいますよね …

幼稚園のお弁当 年少の量は?中身の割合は?小食の場合は?

スポンサードリンク 幼稚園にこれから通う場合「毎日お弁当持ち」という子もいらっし …

自由研究 時間がない!簡単オススメな研究は?まとめ方は?

スポンサードリンク なつやすみ、そろそろ焦せる、お盆過ぎ。 筆者は、いつもお盆過 …

幼児の浴衣選び 種類は?オススメのタイプは?足もとは?

スポンサードリンク お祭りの服装と言えば浴衣。 小さいお子さんがいるご家庭なら …

赤ちゃんと温泉旅行 宿選びは?移動中の注意点は?入浴は?

スポンサードリンク シルバーウィークの大型連休どうしていますか? 秋はBabyが …

ロタウィルス予防接種 受けられる期限は?費用は?助成金は?

スポンサードリンク ロタウイルスは感染力が非常に強いので、赤ちゃんがかかると 死 …

ひまわりの種 取る時期や取り方は?種の保存方法は?食べてもいい?

スポンサードリンク 夏の花と言えば「ひまわり」 暑い夏ほどひまわりは良く育ちます …

内祝いはいつまで?準備は?親や友人へ選び方のコツ

スポンサードリンク 出産祝いのお礼に贈る「内祝い」は、センスのいいギフトを選びた …

ぶきっちょママにもできる!卒業・入学式の髪型 女の子編

スポンサードリンク お子さんの卒業・入学、おめでとうございます。 晴れの門出。 …

赤ちゃんと旅行いつからOK?移動手段は?持ち物は?

スポンサードリンク 妊娠、出産、そして子育て。 赤ちゃん中心の生活をしていると、 …