くるっと日和

Just another WordPress site

お弁当を腐らせない工夫とは?NG食材は?注意ポイントは?

      2017/05/11

スポンサードリンク

春夏秋冬、どの季節のお弁当でも気を付けたいのは食中毒。
その原因になるのは食材の腐敗ですね。
お弁当を腐らせない工夫とは?NG食材は?食材の扱い方は?
そのポイントをまとめました。

スポンサードリンク

お弁当。腐らせない工夫とは?

結論からいってしまえば、「腐りにくい食材を入れればいい。」
となりますが、ちょっと待ってくださいね。
痛みにくい食材の工夫もした方がいいのですが、
お弁当を腐らせない工夫は、お弁当作りの前から始まっています。

お弁当 調理前の注意ポイント

実は調理する人の気遣いによって腐りにくいお弁当になります。

  1. 手をよく洗う
  2. 調理者の手には菌がたくさんついています。
    石けんで手をよく洗いましょう。

  3. お弁当箱はきれいに洗う
  4. 洗ったら、熱湯をさっとかけて熱湯消毒をするといいでしょう。
    完全に乾かしてから、お弁当の中身を詰めます。
    特に注意は、フタについているゴムパッキン。
    この部分は汚れが残りやすく、カビが生えやすいのです。
    外してきれいに洗いましょう。

以上のようなことを注意しながらお弁当を作りましょう

詰める前に、キッチンペーパーなどにお酢を含ませて
お弁当箱を一拭きすることも有効とされています。

まな板や包丁などの調理器具にも菌が多く隠れているので
日頃から消毒しておきましょう。

手の洗い方について別記事にまとめています。
【関連記事】ノロウイルス予防 お子さんが喜ぶ手洗い歌&正しいうがいの方法とは?

お弁当を腐らせない工夫とは?NG食材は?

一番NGなのは、『生○○』とつくものです。
例えば・・・
生野菜を切ったもの。
加熱していない加工品(ちくわ・ウインナー・ハム)など、火を通していないもの。
汁気のあるもの。
これらのものは気温が上がる季節にお弁当へいれると
痛みが早くなりますので避けましょう。

キュウリやプチトマトって、彩りや隙間を埋めるのに
便利なのですが、生野菜は水気があり、その水分が食材を
傷みやすくする原因の1つになります。
食中毒が気になる季節、特に梅雨時から初秋にかけては
注意が必要です。
プチトマトを入れる場合は、水分をしっかりとってください。

ちなみに、筆者は痛んだキュウリを食べて食中毒になったことがあります。
一見、いつもと変わらない様子なのですが、食べると酸っぱいです。
ですが、子供だった筆者はそのまま食べてしまい
その一時間後には学校から病院へ運ばれました。
ものすごい痛みです。

野菜が入れられないと彩りが寂しくなる

そんなときは、お弁当箱の色を工夫しましょう。
例えば、黄色、ライトグリーン、オレンジ、赤など目に
鮮やかなお弁当箱を選びましょう。

お弁当を腐らせない工夫 食材の扱い方は?

野菜も生でなければ、腐りにくくなります。
そう!火を通せばいいのです。

腐りにくい工夫をした野菜のおかずの例

茹でたブロッコリー
冷凍の枝豆(自然解凍するように冷凍したままいれる)
カボチャの煮物
焼きアスパラ、
その他、野菜炒め 
注意ポイント
煮物はできるだけ汁けを取る事。
火を通してあっても、
ホウレンソウのおひたしも水分が多いのでNGです。
ホウレンソウは炒めたり、ごま和えなどにしましょう。

その他の腐りにくいおかず

肉や卵、加工食品は、しっかり火を通してあれば、問題ありません。
卵焼き
ゆで卵
ウインナー
チクワ
焼き鮭
焼いたハム・・・などなど

揚げ物は注意が必要!
油が酸化して、痛みやすくなります。
また、熱いうちにお弁当箱にいれると湯気でしなっとなってしまい、おいしさ半減です。
揚げ物をお弁当に入れるなら当日朝に揚げて、しっかり冷ましてから
お弁当箱にいれましょう。
油取り紙を敷いて、油分を取り除いておくといいですよ。

おかずを詰める時にも注意が必要!
せっかく腐りにくいおかずを準備しても、手で触ってしまうと
菌がつく機会をひろげてしまいます。
出来るだけ触らないように、菜箸、スプーンやフォークで詰めます。
手袋をしてもいいでしょう。
おにぎりもラップを使ってできるだけ触らないようにしましょう。

まとめ

食中毒は梅雨や夏場だけのものではありません。
ゴールデンウィークの5月も、急に気温があがり、お弁当も傷みやすくなります。
外に持ち歩く時には、保冷剤を使ったり、保冷バッグに入れて
できるだけ温度変化を付けないように気をつけることも
必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 食品・保管・レシピ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

クリスマス残ったケーキ 保存法は?賞味期間は?リメイクレシピは?

スポンサードリンク クリスマスケーキの残り。 そのまま出しても「えー残り物?」と …

そら豆 栄養・ゆで方は?簡単な皮の剥き方は?保存は?

スポンサードリンク そら豆のシーズンです。 我が家は畑でそら豆、エンドウ豆など豆 …

アボカド 一日何個食べていい?効果的な食べ方は?生食以外のレシピは?

スポンサードリンク 美容やダイエットに効能があるらしいので積極的にたべていきたい …

片付けいらず!牛乳パックと電子レンジで超簡単な生チョコレシピ

スポンサードリンク 本命・友チョコ・義理チョコ・自分チョコ たくさん用意するのな …

オクラって生で食べるの?料理法は?ゆで時間はどれぐらい?

スポンサードリンク いまさら聞けない料理の基本ってありますよね。 旬野菜「オクラ …

トウモロコシの茹で方 大きな鍋がない時は?時短テク2つの方法

スポンサードリンク とうもろこしの収穫の季節。 お店やご近所、そしてお子さんが学 …

弁当おにぎり 美味しくするには?ラップ包みはNG?

スポンサードリンク おにぎりって、いろいろ握り方ありますよね。 冷やご飯か?炊き …

鏡餅にカビ 生えても食べられる?取り方は?食べ方アレンジは?

スポンサードリンク 1月11日(地域によっては15日)は、鏡開きの日 さて、食べ …

メロンの選び方は?食べ頃を選ぶには?保存や方法は? 

スポンサードリンク 果物がおいしい季節。 我らの茨城はメロンの名産地です。 マス …

ゴーヤ 苦くないものを選べる?苦みの取り2つの方法と保管方法は?

スポンサードリンク ゴーヤは健康良いことで一気に夏野菜の仲間入りをしましたね。 …